« 第92回アカデミー賞4冠、ポン・ジュノ監督 | トップページ | 映画『ある少年の告白』 »

2020.03.03

映画『魂のゆくえ』

『ある少年の告白』(2018年 監督・脚本・出演:ジョエル・エドガートン)に続いて観た宗教と信仰をテーマにした映画。
『ある少年の告白』はゲイ矯正施設に入所させられた福音派牧師の息子の実話(福音派のホモフォビアは凄まじい!)

『魂のゆくえ』は環境保護問題と教会のあり方の狭間で苦悩する牧師の話(人間ではなく企業を救済する教会?!)
両作からアメリカの現実が見えてきます。

54435145_767377296980812_364024871339530
【応援コメント紹介】
映画評論家の町山智浩さんから頂いたコメントを紹介します。
「『タクシードライバー』の
 ポール・シュレイダーが
 再び描く、孤独な殉教者の戦い!
 イーサン・ホークは44マグナムの代わりに
 聖書をアメリカの宗教と政治に突きつける!」
 町山智浩(映画評論家)
町山さんにはシュレイダー監督へインタビューもして頂きました!
その模様は発売中の「映画秘宝」5月号に掲載されているほか、
劇場用パンフレットにも収録予定です。
映画の理解がグッと深まるインタビュー、ぜひご一読下さい!
<劇場情報など映画詳細は公式サイトまで>





|

« 第92回アカデミー賞4冠、ポン・ジュノ監督 | トップページ | 映画『ある少年の告白』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。