« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

2021.01.01

新しい年、明けました!

Nengajou2
昨年は、コロナウィルスに翻弄された1年でした。
今年こそは、
コロナ収束、自由に食べて、飲んで、旅行できる年になりますよう。

なによりも、仕事が中断することなく、
いつものように安心して人々に会うことができますよう。
(祈)


2021年 令和3年 元旦

| | コメント (0)

今年は読む、書くをもっと!

昨年、2020年に観た映画・TVドラマ等は

映画(Netflix、AmazonPrime、購入DVD、劇場) 399本
TVドラマ・TVドキュメンタリー等       498話

それまでは年間、映画は350本前後だけど、昨年はコロナウィルス自粛期間があったため、映画の鑑賞本数が増えてしまった。
私の場合、映画・TVは仕事の資料でもあるので、1本観ると、その関連作品を次々と観ていく感じで1日3本とかね。

最近では、
『ミルドレッド・ピアース』(1945)監督:マイケル・カーティス
主演:ジョーン・クロフォード
 “母親の歪んだ愛” つながりで
  ↓
『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』(2011)TVドラマ全5話
監督:トッド・ヘインズ
主演:ケイト・ウィンスレット、ガイ・ピアース
  ↓
『日本の悲劇』(1953)監督:木下恵介
出演 : 望月優子, 桂木洋子, 田浦正巳, 上原謙, 佐田啓二
  ↓ 
『情熱の航路』(1942)監督:アーヴィング・ラパー
主演 : ベティ・デイヴィス

という感じで、一気に見ていく。


『鬼滅の刃』、もちろん観に行きましたよ。
 で、観ているうちに、なんと……三度も……寝てしまった👤

午後から観に行ったんだけど、午前中時間があったので、どうしても気になっていた『ドクター・ストレンジ』(2016)を観てから『鬼滅の刃』に。
それが失敗のもとだった。
『ドクター・ストレンジ』のVFXによる効果は素晴らしくて、迫力満点のシーンが繰り広げられ……。
その余韻を引きずったまま『鬼滅……』を観てしまったものだから、どうも迫力がいまいちで……。

教訓:映画は見る順番も大事!!!

『鬼滅……』は話題になり始めた頃に、TVアニメ版を5話くらい観ただけ。
映画の感想としては、教条的なセリフが多いな……という感じ。
しかし、見せ方によって、こんなにも子供や若者たちに支持されるんだということを、まざまざと教えられた作品だ。
機会があれば、もう一度じっくり見てみよう。


TVドラマは『愛の不時着』(16話)『梨泰院クラス』(16話)は一気見しましたよ。
『私の名前はキム・サムスン』(2005)『雪の女王』(2006)以来のヒョンビンのファンとしては『愛の不時着』つながりで『アルハンブラ宮殿の思い出』(16話)も一気見。

珍しいタイのドラマ『転校生ナノ』(13話 Netflix、学園もの、サスペンス、ホラー)も面白かった。

Netflixで待ち遠しいのは、5人のLGBTQ"ファブ・ファイブ" がアメリカ各地に出かけて行って一人の人間を外見も内面も変身させるプロジェクト『クィア・アイ』
5人はそれぞれ差別で苦しんだ経験があり、彼らの素晴らしいところは依頼人のパーソナリティについては絶対に否定しないところ。
物理的に部屋が汚いとかはズバズバ言うけど、相手の人格は決して貶さない。
なぜか毎回感動してしまう。

と、そんなこんなで読もうと思って買った本がどんどん積読になってしまう……。
今年は、映画・TVドラマと同時に積読解消せねば。

書きたい素材もメモがどんどん溜まっていく……。
これも、きちんと整理していかねば。

やることが一杯ありすぎて、さて、この一年でどれほど課題をクリアできるか、我ながら楽しみです。


  

  

  

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »