2011.04.11

「ケニアの子供たちから 祈りのうた」

  悲しくて涙が止まらない
  大勢の方々がこの世を去り
  大切なものを失った
  衝撃が大きすぎて みんな悲しんでいる
  日本の方々を想って

  悲しくて涙が止まりません
  大勢の方々がこの世を去り
  大切なものを失いました
  衝撃が心を貫き みんな悲しんでます
  日本のみなさんを想って

  元気を出して 日本にいる私たちの兄さん
  悲しまないで 日本の私たちのお姉さんたち
  いつも想っています 私たちのお母さんたち
  無事でいてください 私たちのお父さんたち
  祈り続けています 私たちのお婆さんたち
  ご無事でしょうか 私たちのお爺さんたち
  元気でいてね 私たちの友達 子供たち
  祈り続けています 日本のみなさんを想って




ケニアの首都ナイロビにあるキベラスラムの、マゴソスクールの子供たちが、地震と津波による大きな被害を受けた日本のみなさんのために、歌い、そして祈りました。


この学校には日本人のかたも関係しており、日本との交流もあるそう。


年に一度、この学校を訪れ、子供たちからママと慕われている石原邦子さんという方が仙台で被災され、「石原さんや日本のみなさんへ向けて、励ましと祈りの歌を歌って届けよう」という想いから生まれた歌だそうです。


この子たちは原発災害のことはまだ知らないのかも。


日本の原発が原因で、地球の海や空や大地が放射能で汚染され、澄んだ目をしたこの子たちの上に放射能が降り注ぐことがないよう、そんな心配をしないでいいよう、ちゃんと考えなきゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.07

「計画停電:4月7~10日は中止」#koganei

4/7(木)~4/10日(日)計画停電中止

 東京電力武蔵野支社からの連絡

   小金井市内、4月7日(木)、4月8日(金)、4月9日(土)、
   4月10日(日)の計画停電は
全て実施なし

      (こがねい安全・安心メール 4月6日 より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.02

味の素スタジアム・ボランティア

味の素スタジアムは我が家から最も近い避難所。

これまで、サッカー観戦やすぐ傍の武蔵野の森公園にラブとセントを連れて遊びに行ったりと、何度か行ったことがある。

自分に何ができるかわからないけど、まずはボランティア登録(仮登録)しました。


味の素スタジアムでは福島原発事故による避難者と地震による被災者、約180名を受け入れています。

ボランティアを募集して10日余でボランティア仮登録した人はもう1900人を超えている!

その一人一人が書き込んだボランティアに参加するコメントを読むと、避難者・被災者の役に立ちたいという真剣な思いが溢れており、一つ一つが心に響きます。


味の素スタジアムでは、ペットの受け入れもやっています。
http://311.chofu-cw.com/?p=738


雑用でも、力仕事でも(見た目より力があります)、運転手でも、ペットの世話でも、障害をもった方のお手伝いでも、傾聴でも・・・できることはなんでもお役に立てればとの思いで一杯です。


東京都によると都内施設の受入期間が3月31日から4月半ばまでに延長したそうですが、しかし、その後は?


心身ともにダメージを受けている避難・被災者のみなさんが一日でも早く安心できる環境が整うこと、祈り続けます。


調布市被災者支援ボランティアセンター(仮登録受付)
http://311.chofu-cw.com/?p=120



武蔵野の森公園:わんちゃんたちも子供たちも伸び伸びできます。
     ↓                  ↓

0507musasinonomorikoen42

0507musasinonomorikoen142




 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.01

「計画停電:4月2~4日は中止」#koganei

4/2(土)~4/4日(月)計画停電中止

 東京電力武蔵野支社からの連絡
   小金井市内、4月2日(土)、4月3日(日)、4月4日(月)の計画停電は
   
全て実施なし

      (こがねい安全・安心メール 4月1日 11:15 より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.31

「計画停電:4月1日は中止」#koganei


4/1(金)計画停電中止

 danger第3グループB(15:20~19:00)の計画停電は実施なし。

 danger小金井市内の第2グループDは当面の間、停電の実施はなし。

 よって4月1日(金)の小金井市の計画停電は全グループ中止。

      (こがねい安全・安心メール 3月31日12:00 より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エネルギー政策は、短期と中長期を分けざるを得ないのではないか(マガジン9より)」

森永卓郎さんといえばすっかりタレント化してしまった経済学者。
以前は経済学者としてのスタンスがハッキリしていたけれど、最近はどのスタンスで発言しているのか不明のフツーのコメンテーターになってしまった感が。

ドーデモ良いイロもの寸前のコメンテーターに堕したか・・・と思っていたけど、「マガジン9」の記事を読んで、知りたかったことが分かり易く述べられており、「さすが視聴者目線の森永さん!」と改めて見直した。

以下、「マガジン9」より引用。


【エネルギー政策は、短期と中長期を分けざるを得ないのではないか】

 東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の爆発事故は、日本はおろか、世界中を不安に陥れ、そして人や経済に様々な被害を及ぼした。これで、日本に新しい原子力発電所を作ることは、もう二度とできなくなるだろう。

 このコラムを読んでいらっしゃる方の多くが、もともと原子力推進に反対されていると思うので、今回はあえて、「短期的にみれば、原子力発電所を再稼働させる必要があるかもしれない」という話をしたいと思う。

 震災の後、3月14日から東京電力がスタートさせた計画停電は、いまだに大きな損害を与え続けている。通勤電車が間引きされているため殺人的なラッシュが生まれ、電車がいつくるか分からないので移動の時間が読めなくなり、車に切り替える人が増えて道路は渋滞し、物流が停滞する。そして、停電でモノ作りの現場が、フル稼働できなくなっている。こんな状態で、地震からの復興ができるはずがない。電力は経済や生活の基盤なのだ。

 ところが、電力供給の先行きには暗雲が立ち込めている。現在は電力需要が一番低くなる時期なので、東京電力管内の電力需要は、3000万キロワット程度だが、これから夏場にかけてエアコンの需要が出てくるので、夏のピーク時の需要は、現在の2倍程度に増える。不需要期のいまでさえ電力が足りないのだから、夏のピーク時に電力が足りなくなる可能性は非常に高いと言えるだろう。それまでにあらゆる電源供給の増加策を採ったうえで、私は最後の選択として、休止や定期点検中の原発を再稼働する必要が出てくるのではないかと考えている(※注1)。ただし、その前にやらなければならないことがある。

 第一に、完全な情報公開だ。
計画停電が始まった3月14日、東京電力の発表では、電力使用のピークとなる午後6~7時の需要が3400万キロワットと見込まれるのに対して、供給力は3300万キロワットにとどまり、100万キロワットの供給力不足が生じるということだった。ところがフタを開けてみたら、需要は2800万キロワットにとどまり、500万キロワットも供給余力が残っていた。
もちろん、これだけ電力が余ったのは、国民が節電に協力したからだが、節電がこれだけできるのだったら、最初から計画停電などやらなければよかった。

計画停電の可能性があるというだけで、電車や工場が止まり、道に車があふれるからだ。計画停電をしなくても、本当に大規模停電になりそうなくらい電力需給が逼迫したら、テレビやラジオ、ネットなどを通じて、「みなさん電気をいますぐ切って下さい」と呼びかければよい。国民は一斉にスイッチを切るだろう。それで停電は防げる。そうした仕組みを取るためにも、まず、東京電力はリアルタイムでその時の供給能力と需要を国民に知らせるべきだ。本当の危機がきているのが分かれば、多くの国民が、普段以上に節電するだろう。

 もう一つ情報公開が求められるのは、いまの電力供給能力の根拠を示すことだ。
いまの東京電力の供給能力は3000万キロワット台しかないというのだが、普段の供給能力は6000万キロワット以上あるはずだ。そうでなければ夏のピーク需要に応えられない。
それが、今回の地震でストップした原子力発電所と火力発電所だけで、ピーク時需要の半分にまで供給能力が減るものなのだろうか。
柏崎刈羽の原発事故のあと、東電は管内の原発を一斉に止めたが、電力不足は起きなかった。国民の不安をなくすためにも、発電所ごとの内訳を含む供給能力を示し、(※注2)同時に復旧計画を踏まえた将来見通しを発表すべきだ。

 第二に、可能な限りの供給能力拡大策を採ることだ。
現在、西日本から電力の融通を受けているのは100万キロワットで、これが限界だという。東西で電源の周波数が異なるため、周波数変換装置を介さないと送電ができないのだが、現状、装置の能力が100万キロワットしかないからだ。

しかし、日本には世界に冠たる重電メーカーがいくつもある。本気を出せば装置の増設はできるだろう。また、火力発電所を短期で立ち上げるのはむずかしくても、風力発電所や太陽光発電所などの自然エネルギーの発電所を立ち上げることは、不可能ではないはずだ。(※注2)

 第三に節電を徹底することだ。
今回の原発事故では、住宅だけでなく、駅や高速道路などの照明が消されるなど、あらゆる場所で節電が行われた。そうしたもののなかでは、いざ消してみたら、さほどの不便にはつながらなかったというものが多い。だから、そうしたものは、当分の間、節電を続ければよい。
もちろん、鉄道などは元通りに戻さなくてはならない。しかし、東京電力が大口需要先として鉄道業に売っている電力は、全体の2%に過ぎない。だから、節電のために鉄道を止めるなどということはしなくてよいのだ。

 こうした対策をきちんとやったうえで、それでも、もし本当に夏場の電力が足りなくなるというのであれば、徹底的な安全確認のうえ原子力発電所を再稼働させればよいと思う。

 一部には、今回の計画停電は、原子力発電所の再稼働を働きかけるために、あえてやっているのだという説もある。それが正しいかどうかは、残念ながら詳細なデータがないので、いまのところ分からない。

 ただ、仮に原発を再稼働させるにしても、中長期的に日本の電力をどのようにまかなうのかという議論をいますぐ始めればよいと思う。
幸いにして、日本の新エネルギー技術はどんどん進化していて、効率も高まっている。そうした技術を活用するなかで、原発をゆるやかに安楽死させていけばよいのではないだろうか。(※注1)

「マガジン9」:「森永卓郎の戦争と平和講座」第48回より

(※注1)森永さんの意見でも賛同できない部分。確かに現実に立脚した経済学者と
     しての意見だと思う。しかし、多くの犠牲を強いられている福島県民のため
     にも原発の再稼動には反対です。

(※注2)私が知りたいと思っていること&森永さんに強く賛同する意見。

     公共放送までもが率先して連日「電力不足=計画停電」を連呼しているけど、
     東電保有の全発電所の発電量内訳は示されず、また原発を優先したため
     部分休止している分の火力発電がどうなっているのか報道されていない。

     原発事故=電力不足=計画停電で、なんの選択肢も示されず思考停止
     させられているようで、このままでは納得できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「計画停電:31日は中止」#koganei

3/31(木)計画停電中止

第3グループB(18:20~22:00)の計画停電は実施なし。

小金井市内の第2グループDは当面の間、停電の実施はなし。

よって3月31日(木)の小金井市の計画停電は全グループ中止。

   (こがねい安全・安心メール 30日12:40 より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.30

「計画停電:30日は中止」#koganei

3/30(水)計画停電中止

第3グループB((6:20~10:00、13:50~17:30※電力逼迫時のみ)の計画停電は実施なし。

小金井市内の第2グループDは当面の間、停電の実施はなし。

よって3月30日(水)の小金井市の計画停電は全グループ中止。

   (こがねい安全・安心メール 29日13:00 より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.28

「計画停電:29日は中止」#koganei

3/29(火)計画停電中止

danger第3グループB(9:20~13:00、16:50~20:30※電力逼迫時のみ)の計画停電は実施なし。

danger小金井市内の第2グループDは当面の間、停電の実施はなし。

よって3月29日(火)の小金井市の計画停電は全グループ中止。


   (こがねい安全・安心メール 17:05 より)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.27

「モノはあるっ!」

午前中、近くのホームセンターに行ったら、ティッシュもトイレットペーパーも棚一杯にあった。

数日前にはガラガラだったんだけどね。

報道を見ていると、モノはあるが物流が滞っているために店舗ごとの在庫が減っていたらしい。

なので、慌てて買い溜めしなくても大丈夫。

今、本当に必要としている被災地のためにも買い溜めはNO!よ。



電池も、在庫の種類、数が増えていた。
ただ、単1だけは相変わらず1個もなし。
停電の時に使う懐中電灯のために需要が増えているのかな。


ホームセンターに行ったのは、実は庭用のソーラーライトを見に行ったの。

ペットたちと暮らしていた時、仕事で夜まで留守をする時に自動で点灯するソーラーライトがあったら便利かも・・・とずっとソーラーライトのことが気になっていた。


地中に挿すタイプだったら、結構安価で手に入るようなので、室内の観葉植物の鉢(いつも日当たりの良い場所に置いてある)に挿して使えないものか?

そう思いながら、結局買わずじまいだったソーラーライト。


計画停電でまたソーラーライトのことを思い出した。

それでホームセンターに見に行ったんだけど、置いてあるのは防犯用の人体関知センサーが付いたソーラーライトばかり。

う~む、求めているものがない。
ネットで買うかどうか迷い中。


計画停電も、湯たんぽとソーラーライトがあればなんとか乗り越えそう!


というのは甘い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧