2012.01.14

『福島原発行動隊~今、この国に必要なこと~』書籍ご案内

2012年1月25日、福島原発行動隊の書籍が出版されます。

タイトル:『福島原発行動隊~今、この国に必要なこと~』

発行元:株式会社批評社

発売日:2012年1月25日

定価:1600円+税

主な内容:
■さわやかな志と凛とした情熱のもとで・・・山折哲雄(宗教学者)

■老人の頭脳と技術こそが生き返る日本の誇り・・・高橋三千綱(作家)

■私と福島原発行動隊との出会い・・・牧山ひろえ(参議院議員)

■福島原発行動隊のめざすもの・・・山田恭暉インタビュー

■行動隊員および賛助会員50人のメッセージ

  賛助会員として、私の一文も掲載されています。

  原発事故への対応についてと同時に、日本のシニアの在り方を考える上でも、
  参考になる本だと思います。

120110shosekichirashi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.10

「福島にいこう!」第三回ご案内

「福島にいこう!」第三回ご案内

福島原発災害収束に関心をお持ちの皆様


 「福島にいこう!」の第三回を、11月26日土曜日に行います(雨天決行

 前回に引続き【福島原発行動隊】の有志及び外部の方々を含めたボランティアによる活動として企画いたしました。

 前回までと同じくいわき市久之浜で、「望まれる事・できる事」を行おうとしています。
 現地の災害復旧活動グループや、各地域の区長さんなどと活動内容につきご相談をしており、追ってご連絡いたします。

 寒冷期を迎えて、被災地の暮らしはより厳しくなっていくでしょう。少しでも役立つ活動に取り組むことにしましょう。
                        
              
               世話人:安藤博
               木下かずえ、清水喜美子、西本武彦、平井秀和Lb018lin

  日 時:11月26日(土) 日帰り
  場 所:いわき市久之浜
  集 合:7時15分、7時30分出発(時間厳守)
  集合場所:日本橋3丁目交差点ローソン前 ⇒地図
  参加費用:バス料金(税込み90,000円)
        高速道路料金等の合計を参加者数で按分
        ※参考 第一回 ・ 第二回

  募 集:先着50人 締切11月24日(木)24時 

  申し込み:下記申し込みフォームに必須項目をご記入の上、お申し込みください。
       ⇒申し込みフォーム

  その他:⇒ 「福島にいこう!」ボランティア活動の心得      
       ⇒ 携行品・装備等
       ⇒ 携行品・装備チェック表

  ※参加の皆さまへは、費用(決定後)・保険のことなどメールでご案内いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.07

復興支援ボランティア『福島にいこう!』ブログ公開

福島原発行動隊』隊員・賛助会員の有志の呼びかけではじまった復興支援ボランティア『福島にいこう!』ではブログを公開しました。

職業・年齢・性別問わず誰でも参加できます。
ぜひ、ご一緒に!

『福島にいこう!』ブログ
   http://fukushimaniikou.blog.fc2.com/
  

第三回は以下のように計画しています。

 日 時:2011年11月26日(土)
 
 活動地:福島県いわき市久之浜(予定・変更の場合も有ります)

 参加費:3500~4000円(学生1000円)
      ・貸し切り大型バスで向かうため、参加費は参加人数によって
       決定されます
      ・昼食代込みです

 活動内容:調整中です。

 日時以外の詳細は現在調整中ですが、決まり次第、ブログにUPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「福島にいこう!」第二回参加

原発行動隊』隊員・賛助会員の有志が呼びかけた復興支援ボランティア活動「福島にいこう!」に参加しました。

 日 時:2011年10月22日(土)
 
 活動地:福島県いわき市久之浜

 参加費:3500円(学生 1000円) + 昼食代 500円

 参加者:合計42名(東京からバス組36名、現地合流組6名)

  ≪活動内容≫   
 ・現地の災害復旧グループ【チーム結(YUI)】と共同で市街地環境整備作業
 (ガレキ撤去、側溝の除染)

 私は主にガレキ撤去の活動を。
 
 やるべきことがいろいろ重なり、結局、一睡もしないまま参加。
 大雨の予報だったけど、いわき市に向かうに連れて雨は上がり、ちょうどいい曇り空の下、存分に活動ができました。

 今回は大学生も参加。
 『原発行動隊』には理系、文系問わず大学の教授や名誉教授も多々、参加されています(しつこいですが、小出裕章先生も隊員)。先生の活動を見て賛同してくれた学生さんです。


活動の様子はコチラからどうぞ。写真もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)