2008.12.20

ブログ・HPでの法人名の明示に関して

本年後半、ブログの記事を書くに当たって2回ほど法人名を明示するかどうか迷った記事がある。

pen一つは11月25日の「ある金融詐欺事件の顛末」・「金融詐欺事件:被害者の心理と犯人野放しの実態

詐欺団が使った株式会社名をフルネームで書くべきかどうか、一瞬、考え込んでしまった。

もし、まだこの詐欺団がその会社名「株式会社日光」で暗躍していたとすると、下手に会社名を出したことで、目を付けられて、(大袈裟かもしれないけれど)自分の身にどんな危害を加えられるかもしれない。相手は多分、マル暴系だろうし、命を狙われることさえあるかも。

しかし、悩んだ末に会社名をフルネームで書くことに決めた。
その理由はいくつかある。

★2006年3月頃      「株式会社日光」名でワンクリック詐欺をしていたらしい
★2006年11月~12月  知人が「株式会社日光」の上場株詐欺に遭う
★2006年12月16日以降 「株式会社日光」はアジトから逃げ出している
★2006年12月19日    「株式会社日光」の振込先銀行口座が凍結される
                 (同日警察に被害届提出している)

2006年に逃げ出した彼らが今も「株式会社日光」名で詐欺を働いているとは思えない。
もし詐欺を働いているとしても別名を使っているはずで、この会社名を出しても彼らには痛くも痒くもないだろう。

そして、フルネームを出すことのメリットは
☆同じ詐欺に遭った被害者と情報交換できる
☆今、詐欺に遭いかけている人の参考になる
  (彼らが会社住所として使っていた新宿のレンタル私書箱名は、何度検索しても
   ネット上では一件もヒットせず、実際にその住所に確認に行くまでレンタル私書
   箱とは分からなかった。地方在住の人にはその確認のしようがない)

上記のような理由で、私は会社名を明示することを選んだ。



penもう一つは先に書いた高校の件だ。

この記事も高校名を明示するかどうか迷った。
一部伏せ字にするという選択肢もあった。

しかし、この高校は過去、何度も教職員と学校側の係争に関して朝日新聞や東京新聞などのメディアで高校の実名を出して報道されている。
その内容はネットで検索すれば誰でも読めるし、いまさら伏せ字にしても意味がないと思った。

一部教師と学校側の労使対立で、生徒に補習や部活の制限という形でしわ寄せが来るのはおかしいのではないか?

そんな第三者の客観的な見方をブログ記事にすることで、私なりに問題提起をし、今後、生徒たちがより有意義な高校生活が送れるようとの願いを込めて、高校名を明示して記事を書いた。

「自分の学校の批判を書かれて在校生たちが傷つくではないか」
そんな意見もある。
しかし、大人たちが一時的に子供たちの目と耳を塞いだところで、ネットで検索すれば自分たちの学校がどうなっているのか、他の学校とどう違うのか、どんな問題を抱えているのか子供たちは容易に知ることが出来る。

もし、子供たちから疑問の声が上がった時、学校側は子供たちが納得するようきちんと答えてあげて欲しいと願う。


   clip  clip  clip  clip  clip  clip  clip  clip  clip  clip

長年、ネットストーカーと言われる人物と係わってきた私としては、ネット上での実名記事に関して、そのリスクは承知の上だ。

ところで、個人の私的ブログに関して、今年2月に画期的な判決が出ている。


ネット中傷に無罪判決 『確実な根拠、個人は不要』東京地裁(東京新聞)

 インターネットのホームページ(HP)でラーメン店のフランチャイズ運営会社を中傷する書き込みをしたとして、名誉棄損の罪に問われた会社員橋爪研吾被告(36)の判決公判が二十九日、東京地裁で開かれた。波床昌則裁判長は「ネットの個人利用者に要求される程度の情報収集をした上で書き込んだ。直ちに名誉棄損罪に問うことは相当でない」として、無罪(求刑罰金三十万円)を言い渡した。

 判決は、個人利用者がネット上で表現行為をする場合の名誉棄損について「主に公益を図る目的ならば、(メディアとは異なり)確実な資料や根拠に基づかなくても、その事実が真実だと誤って信じた場合には罪に問われない」との初めての基準を提示。その効果として「自己検閲により委縮することなく、憲法二一条(表現の自由)が確保される」と示した。

 弁護人によると、ネットをめぐる名誉棄損事件での無罪判決は初めて。ネット社会の現実を見据えた判断といえ、今後の司法判断や社会活動に大きな影響を与えるとみられる。

 波床裁判長は「被告による書き込みは、重要部分が真実であったとは証明されていない」と認定。メディア報道なら有罪になる可能性を指摘した。

 その上で、判決は(1)ネット利用者は相互に送受信でき、書き込みに対して被害者は反論できた(2)メディアや専門家が従来の媒体を使った表現とは対照的に、個人がネット上で発信した情報の信頼性は一般的に低いと受け止められている(3)現代社会では(個人が)公共の利害に関する事実について真実性を立証するのは困難-などと指摘した。

 今回の書き込みに対し、フランチャイズ運営会社側が二〇〇三年に橋爪被告を相手取り起こした民事訴訟では、〇五年に同被告の敗訴が最高裁で確定していた。

 橋爪被告は〇二年十-十一月の間、被告が開設したHP上で、飲食店「ニンニクげんこつラーメン花月」をフランチャイズ運営する会社について、カルト集団と関係があると中傷する内容の文章を書き込んだとして在宅起訴された。判決は、同集団と会社の関係について「緊密な関係にあるとは認められない」とした。

 東京地検・渡辺恵一次席検事の話 判決内容を子細に検討し、適切に対応したい。

■『表現の自由』強く意識

 解説

 インターネット上の書き込みについて名誉棄損罪を認めなかった二十九日の東京地裁判決は、ネット上の表現行為が法律に抵触する場合の基準について、メディアと個人利用者を峻別(しゅんべつ)し、メディアに比べて個人の責任は緩和される、との判断を示した。

 司法はこれまで(1)公益目的(2)確実な資料や根拠に基づくこと(3)その事実が真実だと信じるだけの理由-の三点がなければ有罪としてきた。これは発信者がメディアの場合が前提で、今回の判決は(2)がなくても「個人に求められる水準を満たす調査」をしていれば罪に問われないと判断した。

 特筆すべきは、判決が、憲法が保障する「表現の自由」に踏み込んだ点だ。責任の緩和がなければ、個人は訴訟の被告になったりすることを恐れ、言論活動が鈍ることに言及、「自己検閲による委縮」を懸念した。

 情報の発信者の多くがメディアに限られていた時代とは異なり、ネット社会は誰でも自由に発信できるようになった。一方、匿名性に隠された過激な中傷は、メディアによる批判以上に人を傷つけることがある。

 責任の緩和と言っても、好き放題に書くことが許されるわけではない。それを許せば個人がネットで発信した情報の信頼性を低下させることになり、法規制につながる恐れがある。

 今後、判決が司法の場で追認されていくか注目されるが、ネット社会に生きる市民としての自覚が一人一人に求められている。



ネット社会においては誰もが被告になる可能性がある。
特に個人名や法人名を特定して批評・批判を書く場合はそれなりの覚悟が必要だ。


ブログ「宗教&カルト・ウォッチ」 の藤倉氏によると


web上で情報発信をする個人が今回の判決から得られる教訓は、こういうことかなと思います。

(1) 揶揄表現をするにしても、「公益目的」という大枠から外れない程度にする。
(2) 自分にとって可能な限りの事実確認作業をした上で書く。
(3) 一方的な挑発・揶揄表現は避ける。
(4) 妨害・報復に屈しない。

以上を注意点としてあげている。

私のブログ記事に関しては、それら注意点から外れてはいないつもりなんだけど……。

ところで、上記判決に対して原告は控訴。来年1月末に判決が下されるそう。
ネットトラブルの一つとして以前から関心のあったこの事件、都合がつけば傍聴に行ってみたい。

| | トラックバック (0)

2008.12.19

当ブログの一記事に関して

本年9月に書いたブログ記事に関して、多くのコメントをいただきました。

このブログ記事内容に関しては、すでに本年4月10日朝日新聞が報道しています。

参考:生徒と接触、授業のみ 町田の私立高が「禁止令」

この高校に内在する問題はかなり以前からあり、ネットで検索すれば同校の記事はいくらでもヒットします。
この学校がどういう問題を抱えているのか、知りたい人は誰でも知ることが出来ます。


それらの問題が長く解決しないまま今に至りますが、学校側は朝日新聞に対しても取材を断り、なんらコメントを出しておりません。


どんな事件でも問題でも、双方の立場でそれぞれ考えや意見があるのは当然だと思います。
しかし、学校側の意見を知りたくても、学校側はことごとく外部からの意見を無視する姿勢を貫いています。

自分の学校が批判・批評されれば、学校側は生徒を守るべく、学校の方針なり学校の立場をきちんと主張すればいいと思うのですが、なぜ何の対応もしてこなかったのでしょうか。

これまで公的機関や公的メディアに対しては無視の姿勢を貫きながら、個人の私的ブログの記事に対しては、このように過剰に反応されるのはなぜでしょうか。

一つ、容易に想像できるのは、受験シーズンを間近に控えているということ。
ならば、当ブログに書いていることを受験生や保護者の目に触れさせたくないというのは当然かもしれません。

しかし、私が当ブログで触れたことは、公に公表されている事柄ばかりです。
それに対して、これまで何の対応もせず、当ブログの記事に対して慌てているのは、なぜなんでしょうか。

前にも書いたと思いますが、私は問題になっている高校のような学校も必要だと思っています。
ただ、せっかく入学した生徒さんたちに対して、勉強だけでなく、部活や生徒同士の交流、先生との交流を充実させ、人間形成でも大切な時期、青春時代の貴重な時間を有意義に過ごせる環境を作ってあげるべきではないかと思っています。

それが学校の責任であり、周囲の大人たちの責任ではないでしょうか。

一部の教員VS学校運営側という労使対立によるしわ寄せが生徒に及ぶなんて、教育機関の最も避けなければならないことではないでしょうか。


もし、当ブログの記事が学校側で問題になっているのであれば、これをきっかけに、生徒・保護者に対しても開かれた学校運営をするべきではないのか、そこのところをご検討いただきたいと思います。

なお、この問題関連のコメントはこれで締め切らせていただきます。
今後、ご意見・ご感想は、下記URLもしくはサイドバーの「ご意見・ご感想」から送信ください。
(※送信いただいたご意見・ご感想に返信はいたしませんのでご了承ください。返信ご希望の場合は実名を記入してください。個人情報は守秘いたしますので)

ご意見・ご感想送り先
http://homepage2.nifty.com/see-saw/mail1.htm

| | トラックバック (0)

2008.05.18

もし、こんな先生が身近にいたら? 某教員発言集

個人ブログ等に書かれていた某教員の言葉の数々です。

※太青字は私の主観によるものです。
※発言の引用元であるブログ等は批判の声の拡大と共に閉鎖されたので、リンク先は魚拓(保存用コピー)になっています。

【光市母子殺害事件 関連】

http://s03.megalodon.jp/2008-0423-1850-29/www.sipec-square.net/~kseo/topics/shikeihaishi.htm

最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。永山事件の死者は4人。
対してこの事件は1.5人
(まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので、傷害致死の可能性は捨てきれないと思っている)。一審、二審の判断は、相場から言えば妥当なところではなかったろうか。 

差し戻した最高裁の判事の妻は、おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され夫の仕事にも影響したのだろう
(判事の判断は、思いのほか被告の外見とか、外野のヤジとかにかなり影響される、という実証研究がある)。

いずれにしても、元少年が殺されれば、報復が果せた遺族はさっぱり幸せな思いに浸るに違いない。
自分の血を吸った蚊をパチンとたたき殺したときみたいにね。
それだけは喜んであげたい。


http://s01.megalodon.jp/2008-0423-1924-08/blog.goo.ne.jp/rentai2005/e/34fd7c433ca3188faaca72c79ee56b0a

私としては、女子学生に多額の奨学金を貸し出すのはなんとなく気が引ける
光市の母子殺害事件の被害者みたいに、借りるだけ借りておいて、卒業したら間髪いれずに孕んでそのままぜんぜん働かず、挙句の果てに平日の昼間から家でぶらぶらしていたため殺されちゃうなんてことになっては回収不能になるからだ。

http://s01.megalodon.jp/2008-0425-1734-53/blogs.yahoo.co.jp/naka213011/49379470.html

被害者の夫によると、被害者女性は奨学金を受けていたらしいんですね。
夫は、「彼女がただ被害者としてだけ見られるのは耐えられない、奨学金までもらって一生懸命勉強していた」と。で、気になるのは「返したのか?」ということなんですけどね。
奨学金をもらって勉強したら、その後社会に還元しようとするのが普通なのに、この女性は卒業するかしないかで合コンにひっかかりすぐ妊娠するわけで。産休あけも職探しもせずに平日の昼間からうちにいた。だからこそ殺されたわけです
奨学金貰う人にはかように自覚がたりないんですよね。
というわけで奨学金の話を聞いていらい、心情的にはたいして同情できなくなったので
楽になりました。
2007/7/3(火) 午前 0:20 [ rentaijimu ]

【日本人拉致事件 関連】

http://s02.megalodon.jp/2008-0423-0557-48/blog.goo.ne.jp/kamiseo/e/6a7ff0bddebb9602f9fc39b5743d0653

拉致家族にしても私は軽い違和感を覚えます。私は子供をなくした経験がありますが、
「めぐみちゃん」はちゃんと育って、結婚までして、あまつさえ子供まで儲けています。私の目から見ると信じられないくらい幸福です。
なのにその幸福に感謝もしないで、いつまでもいつまでも「めぐみっちゃん」とか
不幸面してられるアンタが心底うらやましいよ
、とTVを見るたびに思います。

http://s01.megalodon.jp/2008-0423-2304-56/blog.goo.ne.jp/kamiseo/e/b443d40cedaea3c1612f126e48267327

この人、「拉致被害者を取り戻すためには北と戦争も辞さない」とか言ってたらしいですね。
失脚してよかったですね~~~~~本当に。
世間ではタカ派とかいわれているらしいですが、これはタカではなくバカですよ。
そんな側溝に落とした10円拾うために、屈んで10万円もはいった財布を懐からまるごと落としてもかまわないんだみたいなことを言う奴を議員にしとくなんて国民の恥じですね。

【日本と日本人が大嫌い】

http://s02.megalodon.jp/2008-0423-0557-48/blog.goo.ne.jp/kamiseo/e/6a7ff0bddebb9602f9fc39b5743d0653

私は「めぐみちゃん」とほとんど同じ年ですが、ホントできることならいくらでも替わってあげたいです。
私は「めぐみっちゃん」とかいうオバサンのいる国に生まれてよかったと思ったことはただの一度もない、これからもこんな日本みたいな国に生まれて幸せだったと思うことは生涯一度もない と確信しています。
毎日、夜寝るときは今日も日本から脱出ができなかった自分のふがいなさに苛立ち朝起きたときは今日も奇跡がおきずにまたも日本で目覚めてしまった絶望に日々打ち砕かます。
こんな限りない日常が終わりになるなら是非拉致されたい
行き先は北朝鮮でも火星でもとにかく日本人がいないところならOK
(ハワイやスイスみたいに日本人が蟻んこ見たいに群れているようなところは身の毛もよだつが)。

【生保受給者 関連】

http://s02.megalodon.jp/2007-1213-0120-53/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-121.html

今の生活保護って医療費まで含めると異常に高すぎると思います。私ももし、確実に生保がもらえるなら今すぐ仕事なんかやめたいです。大学の教員なんか面白くもなんともないご~~~く下らない仕事なんです。いきるためにいやいややっているにすぎませんもし生保で確実に収入を保証してくれるなら来月からといわず今すぐにでも辞めますよ。それに収入だって生保のほうがいい。50億くらい稼げるならともかく中途半端に1千万くらい稼ぐくらいなら生保のほうがどれだけゆとりがあるかわかりません。仕事はつらいことばっかりですが、生保なら24時間なにもしなくてもいい、パチンコしててもゲームしててもいいので、ものすご~~~~く幸せなはずです。本当に、本当に、掛け値なくうらやましいです(だから、嫉妬があるからつい攻撃したくなるんでけどね~(卑怯^^;)あ~あ、死なない程度の病気になりたいな。健康で仕事ができるといやなことばかりが津波のようにおしよせてきます。病気で入院とかして生保もらってまったり過ごせたらどんなに幸せだろう。。)。

【子沢山女性県議 に対して】

http://s03.megalodon.jp/2008-0424-2140-45/blog.goo.ne.jp/kamiseo/e/684e1f0b3bfe6885f319ab0d159b1bbe


5人の頭の悪そうな子供と写っているオバハンの写真がキモイ。

それにしても5人も子供つくっておいて、『温暖化に歯止め』だなんて笑えます(具体策だせ)。
地球の人口が減ればそれだけ環境負荷は減るんだよ  

それに少しでも環境のことを考えるなら、政策論より写真がはるかにデカイビラなんかいれるな!
気っ色悪い上に地球の資源がもったいないよ(私の見るところこいつの政策なんか名刺大のわら半紙で充分)

ちなみに、子供の数と母親の教育レベルについては、統計的に有意な負の相関があることが広く知られています。

【ブログ訪問者IP晒し】

http://s03.megalodon.jp/2008-0423-1636-09/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-19.html

私は大学で教鞭をとる身なのでもちろん馬鹿が大嫌いだ
だがブログなどを開設すると本当の身の程知らずの馬鹿(というか知恵遅れか?)がコメントしてくることがある
大学だけで生活していると流石にこういう本格的な負け組みには合わなくてすむ)。

茨城県水戸市赤塚のinad 君、このサイトは君には向かない。
もっと小学生とかがいっぱいいる2ちゃんにでも行きたまえ。
こういう人間を輩出するところはいかにも茨城。

頭の悪そうなハンドルといい稚拙な文章といい・・--;ガキのくせに勉強もせずネット嵐。
育っても碌なもんにならんでしょうから、今のうちに豆腐の角に頭をぶつけていなくなってほしいものだ。


【近隣の小学校 関連】

http://s04.megalodon.jp/2008-0424-0210-45/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-70.html 

○○小のブラスバンド「○○○○○○」が今日土曜日も早朝から騒音を撒き散らしている。
近隣の迷惑を気にしない教育で育った子供はそのうち万引きをしたり泥棒をしたり殺人をしたり、「気にせず迷惑」をエスカレートさせてゆくだろう。

本当に才能のある音楽家であればオケをやめて小学校の校長になどなるわけがないのでその意味では同情すべき点はあるが、いずれにしても、彼が興味があるのは「音楽」であって総合的な「教育」ではない。

公立の小学校は一つ前の時代には、国民の教育水準を上がるのにある程度の役割を果たした。だが、今となっては迷惑人間の発生源であり、税金無駄使いの温床だ。教員の質も高いとはいえず(なにしろ、愉快犯で迷惑行為をするくらいだ)生徒の質もそれについてくる(なにしろ給食費を 払わないくらいだ)。楽器にしたってちゃんとコンペで納入させているのかチェックしたいものだ。同じ店をいつも指定していたとしたら汚職の可能性もでてくる。

民間にできることは民間でよい。公立学校は縮小して私学を中心にしたほうがよいのではないか。


http://s04.megalodon.jp/2008-0424-2237-06/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-67.html

ゼミで学生が発表しているとき、私が寝そうになるのは、学生のつまらない発表のせい(ばかり)ではなく、○○小のせいなんです。
(略)
先生だなんていったって、さすがに小学校の校長程度だと頭が悪い
ほとんどヤンキー先生*並だ
(略)
「ゆとり」教育が最低だとはっきりわかった現在、環境のよい私学がひしめく東京で、年間わずか数百万の学費をけちって区立の小学校に子弟を通わせることなど私なら考えられない
そんなところにまともな教員を配置するのは、人的資源の無駄遣
というものだろう。
今の校長の○○氏ももともと初等教育の専門家ではなく、オーケストラ団員だかなんかの人間リサイクルらしい。

*この汚らしい“先生”、今度は参院選出馬だそうですな。なんとかいうプロレスラーのかわりだとか。
まあ参議院なんか動物園みたいなもんですから誰だっておんなじですが

【新潟県中越沖地震 関連】

http://s02.megalodon.jp/2008-0423-1551-56/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-85.html

阪神は死者数6000を超えますが、中越沖は10をちょっと出たくらい。
中越沖の死者数なんか阪神規模でいえば誤差の範囲です。でも両方とも「たくさん」(笑)。

つまり阪神と中越沖では、被害規模は500倍違います。
この両方に「巨大災害」という言葉を当てるのはふさわしくないのです。
皇帝ナポレオンと節約主婦の両方に「カリスマ」っていう言葉を使うようなもんです。
義捐金を被害規模に応じて払うとすると、阪神に一万円しか寄付しなかった人の場合、中越沖には20円でいいくらいの感じです。
でも両方とも「たくさん」だから両方2千円・・義捐金っていうのはおうおうにしてこういうことになり勝ちです
(それもこれも言葉を知らないマスコミのせいです)。
前に、中越沖の被災地で、被災後一週間くらいから、支援者がたこ焼きだかいか焼きだかを焼いているという話をしましたが、こういうお祭りは小規模災害の特徴です。
阪神なんか被災から一週間くらいだと、ビルの瓦礫の山に「ここに6人埋まってます」なんて走り書きのメモが残ってるくらいの惨状で、とてもイカ焼きパーティーなんぞしてられませんでした。アスベストも舞ってたし。
両者は本当に、「大鵬」と「カエル相撲の横綱ケロ吉」くらの差なんですよ。

【年収300万以下は生ゴミ】 

http://s01.megalodon.jp/2008-0423-0557-22/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-60.html

年収300万の人って、税金払ってないんですね。
払ってないのに選挙に行き、払ってないのに公道を歩き、払ってないのに公教育が受けられて、ときに給食費を踏み倒したりできるわけです。
日本ってい~~~~~い国ですねえ。
300万といえば月25万。らくらく暮らしていけます。
(略)
年収1500万の人を仮に桐野箱に入った宮崎産マンゴーとしますと、500万はフィリピン産の黄色マンゴー、300万は食べ残しの皮と種、ってかんじでしょうか。

【天皇の戦争責任に関して】

http://s02.megalodon.jp/2008-0424-1158-48/blog.goo.ne.jp/kamiseo/e/2be8e92cda34624d1985cfa1b2ba6f37

言うまでもなく戦争の最高責任者は天皇でした。
だからこそ、終戦の玉音だって天ちゃんの声だったわけでしょう。
もし立場上最高責任者にならされただけであって本心は戦争に反対だったのなら
焼身自殺でもなんでもしていさめたらよかったですね。


【大阪府知事 廃物呼ばわり】

http://s02.megalodon.jp/2008-0423-0924-14/www.sipec-square.net/~kseo/topics/shikeihaishi.htm

でも、大丈夫ですよ、橋下さん。
大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません
ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか。


【専業主婦侮蔑】


http://s02.megalodon.jp/2008-0425-1040-07/blog.goo.ne.jp/kamiseo/e/faebea92fd63c0c15da2b50b5c9b4002

主婦って言うのは職業ではありません。職業はお金を貰って、所得税が払える行いのことです
主婦というのはあくまで家のなかでの立場ですから、「5歳になった僕の仕事は、朝、新聞をとってくることです」にみる「仕事」と同じです。

http://s02.megalodon.jp/2008-0425-0952-59/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-55.html

何でこんな世帯を標準にするのです。
あたかもセンギョーのいる世帯が標準みたいじゃないですか。
専業は五体満足のくせに税の割引要員なので、単身者や共稼ぎを基準にするより
ず~~~~~~~~~~っと安く見えちゃう場合があるのよね


http://s02.megalodon.jp/2008-0425-0955-59/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-65.html

「主婦」ということは厚生年金を払っているのは夫でしょう。つまりこいつは三号です。
“漏れがないように”保険料を支払ってきたつもりかもしれませんが、勘違いです。
三号被保険者は年金を払える仕組みになってません。つまりタダです。
払いもしないのにもらえると思っている。
本当に自分のは大丈夫なのかと不安にさえなっているわけです。ずうずうしい。
4 3といえば子供からは必要とさなくなっているはずですが、働けないほど老人でもない。
なのにまだ主婦なんかしている。不安になる暇があったら働いて民間の個人年金でもかけたらいいのですよ。

http://s04.megalodon.jp/2008-0425-1011-04/blog.sipec-square.net/k-seo/2005/01/

ここでの話題は「ニート」と「センギョー(専業主婦)」の類似点です。
論者は、「センギョー」は「家事サービスを生産している」ので「私は問題視しない」一方、
もし、「ニート」が「家事も含めた生産活動をまったくせずに、ひたすら消費活動のみをする」なら問題である。
なぜなら、生産活動をしないということは「他者が生産した財を食いつぶすということである」からだと述べています。
(略)
これは昔から繰り返されている「主婦業は無価値か?」というような議論とも関係していますが、およそ「主婦業にどのくらいの価値があるか」という議論が不毛なのは、生産活動、
あるいはその結果としての生産物に絶対的価値があるかのような考えに捕われているからです。
(略)
で、外部的な不経済があるかどうかを基準にして考えますと、「ニート」が「センギョー」に比べて、より問題だとは考えられない、というのが私のポイントです。
なぜなら後者には、税制面での優遇措置や払わずにもらえる年金制度など2重3重の厚遇が用意されている(つまりそれだけ社会的な費用が発生している)一方、前者には今のところ何もないからです。
数でみても比較になりません。「ニート」はオトコの「センギョー」だ。

【奨学金審査業務】

http://s01.megalodon.jp/2008-0423-1924-08/blog.goo.ne.jp/rentai2005/e/34fd7c433ca3188faaca72c79ee56b0a

私としては、女子学生に多額の奨学金を貸し出すのはなんとなく気が引ける。
光市の母子殺害事件の被害者みたいに、借りるだけ借りておいて、
卒業したら間髪いれずに孕んでそのままぜんぜん働かず、
挙句の果てに平日の昼間から家でぶらぶらしていたため
殺されちゃうなんてことになっては回収不能になるからだ

http://s03.megalodon.jp/2008-0425-1611-19/blog.goo.ne.jp/rentai2005/e/4544dfa5c9f17b69c2c8aba330934c92

少なくとも東京の私学に地方から通う学生には、家庭の貧困を助ける意味での奨学金は必要ない思います。
だって、東京の私学は、授業料だけでなく住居費もとても高い。
そんなところにわざわざ通うなんて、ミンクのコートと同じで贅沢ですから。

http://s02.megalodon.jp/2008-0425-0952-59/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-55.html

ところで私は学生の奨学金審査をする場合、母親がセンギョーだと一点引きたくなります
なかには「お母さんが専業なので金がない*」なんて言ってくる学生がいたりしますが、
逆。本当に金がなかったら専業なんて勿体無い時間の使い方はしませんよ。
ちゃんと働けば500万とか700万とか稼げるんですから。
お金があるからこそ専業主婦でいられるんですよ。
あと「住宅ローンの支払いで金がない」とか言ってくる奴も一点引きたくなりますーー;
子供の教育費がかかる時期にわざわざ身の丈にあわない家買う必要なんかないですから。
だからといって本当~~~に貧乏なのに、わざわざ金のかかる東京の私立大学なんかに来て、奨学金で多額の借金をするってのもどーかと思いますがね。


【図書館は町ぐるみの窃盗】


http://s02.megalodon.jp/2008-0425-1056-45/blog.goo.ne.jp/kamiseo/e/9913a4cfd2990373c13a2628abb0bf76

この図書館が設置されれば、町民は実に、著者にも出版社にもびた一文払うことなく、
その内容を勝手に手に入れることが可能になるからだ。もう、町ぐるみのドロボーである


【免責関係者・死者を鞭打つ罵倒】

http://s03.megalodon.jp/2008-0507-0057-36/blog.goo.ne.jp/rentai2005/1

遺書には「バカ バカ」と何度もつづられていたそうですが、ホント、そのとおりだと思います。
わかってるじゃないですか。ただ、この人の残した遺書を見ますと、痴呆のような字ですので、禁治産者同然の資産管理能力だったのかもしれません。
そうだとしたら、そんな人間にお金やカード持たせた家族の責任が問われるでしょう。

にもかかわらず、長男は、「母がなぜこんな買い物をしなければならなかったのか。
審査がずさんでなければ母は死なずにすんだはず」なんていっています。
審査なんかずさんであっても、本人が(自分で言うように)「バカ」でなければ、
死なずにすみました。そこんとこを言わずに、他人だけを攻めるのはさすがに「バカ」の遺伝子を受け継いでいるだけのことはあります。
この女には孫までいるそうですが、バカ遺伝子の無限拡大が本当に懸念されるところです。



【先生の犯罪自慢】

http://s02.megalodon.jp/2008-0423-1909-41/blog.goo.ne.jp/kamiseo/e/78cd82e31c81b5439ea5a62024f99ce6


高速では180キロでふっとばし、地道では渋滞にまきこまれたのに
、だ。
学生時代に乗っていたトヨタの大衆車よりよほどいい。

http://s04.megalodon.jp/2008-0430-2129-07/blog.goo.ne.jp/kamiseo/e/da6eb114e48deb44839e3e5b5808f2e3

以前、研究所発行のニュースレターの自己紹介の趣味の欄に「筍の盗掘」と書いたのですが、編集者に「筍ほり」に直されました。
でも私は「筍ほり」という作業そのものが好きというわけでもないんです。
だれの物でもないようなところで自分で見つけて取ってくると言う・・・
まさに盗掘といいますか、親竹に頼んでもらってくるみたいなのがすきなんですね。
そういう意味では防災研の中は宝の山です。敷地は広大で山菜の山。でもそれこそ誰のものってこともないですし。
(あえていえば国民のものですが普通の人は中に入れないし、山菜取りのための施設ではないから職員は関心がない。)。

【先生の犯罪容認】

早稲田の坂野教授が大学院の入試問題作成者をもらしたという罪状で、一ヶ月の停職処分になりそうです。それにしてもつまらないことで懲戒になったものです。なんか足を引っ張られたのかもしれないですね。そうでなければ3年も前の、田舎の赤信号を守らなかったというのと同じ程度の罪で、懲戒になるとは思えないです。大学院の入試ですが、作成者がわかったくらいではたいして有利にはならないと思いますよ。みんな行き当たりばったりで問題を作ってますから。大学の教員にとって入試問題作成なんか片手間のやっつけ仕事なんです

それにしても、停職処分って、まあうらやましいとまではいいませんが、ちょっとずるいな~と・・・・わたくしも休めるものなら休みたい。日本の大学は夏休みが短すぎるので研究がしにくいんです。欧米は5月に卒業でそのあと、3ヶ月はお休み。日本は実質1ヶ月ちょっとしかありません。この差は本当に大きいです。研究で彼らに勝てるわけないですよ。というわけで毎年この時期になると登校拒否のうつ状態になります。

【私学助成金による研究費の実態】

http://s04.megalodon.jp/2008-0424-2252-11/okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-15.html

ところで、年度末になるとデフレを実感しますね。
なぜって予算が使い切れないのです
それもあちこちで余っているーー;
ちょっと前であれば、PCとか買えば結構使えたものですが、最近ではパソコンも周辺機器もやたらと安いのでお金が使い切れない・
文房具とかの物品も100円ショップなんかを利用してしまうと、誤差の範囲で必要なものが揃ってしまいます。
かくして年度末になると、何にお金を使うか、に時間を費やすという、ありえない事態になってしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一つ二つの意見だけなら「毒の強い人だな」で済まされるかもしれないが、数年に渡ってこれだけ毒のある言葉を吐き続けているということは、このセンセーの基本的な人格が歪んでいるとしか私には思えない。

なによりこのセンセーはインターネットというものが分かってないとしか思えない。

青山学院大学国際政治経済学部准教授・瀬尾佳美と所属と氏名を明らかにしてのブログで、個人の実名を晒しての暴言・誹謗中傷の数々。

本村さんや横田ご夫妻はなりたくて被害者になったんじゃない。それなのに・・・(怒)

さらに私が怒りを感じたのは障害者関連のこのセンセーの記述に対して。
自分の意に沿わないコメントを入れた訪問者に対して、いとも軽々しく“知恵遅れ”と言い放っている。

この言葉は、かつて私が障害者関連の仕事をしていた頃から蔑視的ニュアンスがあり、本人のみならず保護者をも傷つけてしまう恐れがあるために無神経に言ってはいけない言葉だった。
私が仕事をしていた頃は“精神薄弱(精薄)”と、そして後に“精神遅滞”に、今は“知的障害”という言い方に変っている。
シナリオライターになり、特にテレビの仕事では脚本に書かれた差別用語は事前に厳しくチェックされる。なので、障害者の仕事を離れても差別用語に対しては無神経ではいられない。
そんな私から見て、このセンセーの言葉の使い方は知性を疑ってしまう。

さらに、上記の発言集には入っていないが、このセンセーは2006年1月にホテル・東横インのハートビル法違反(障害者用の駐車スペースを誤魔化していた件)が報じられた時、自分のブログに「経済効率からいえば障害者用の駐車スペースなど必要ない。そんな無駄なスペースを作ってホテル代が高くなるほうが困る」旨の記事を書いていた。(この記事は今は削除されている)

脊髄損傷で手も足も不自由な人が運転する車に乗せてもらったことがある。彼はパラリンピックの車椅子陸上の選手だった。
ハンドルもブレーキもクラッチも彼の障害に合わせて改造されており、車は彼の足代わりで、誰にも頼らず一人で行きたいところに行くことができ、走行中は全く障害など感じさせない安全運転だった。
ただ、彼が普通の人と違ったのは、車椅子での乗降が出来る駐車スペースが必要だということ。
車椅子から運転席に移り、外に残した車椅子を畳み、腕の力だけで畳んだ車椅子を車内に乗せる。降りる時はその逆だ。ということは、駐車場にその動作をするだけのスペースがないと彼は車に乗ることも降りることも出来ないということ。

問題のセンセーの記事を読んだ時、私は彼のことを思い出して「障害者用の駐車スペースなんて無駄」という言葉に怒りが沸騰した。

思い出したのは彼のことだけではない。他にも車椅子ながら自分で車を運転する人たちを何人も知っている。その人たちはプールに飛び込んだ時に脊髄損傷を負ったり、スキー事故や交通事故などで車椅子生活を余儀なくされた人たちだ。
また、その他、病気や高齢で車椅子の人たちはたくさんいるし、高齢化社会でこれからますます車椅子の人たちが増えると予想される。

事故や高齢・・・これらは他人事ではなく、いつ自分も車椅子を必要とする時が来るやも分からない。
なのに、経済効率優先で車椅子スペースなど無駄だと切り捨てる経済学者なんてクソッタレ!って感じ(・・・いかん、口汚い言葉が移ったかも・・・)

そんな無神経なセンセーの書いた物を読んでいると、私がウォッチングし続けているネット・ストーカーの女性と重なる部分があることに気がつく。

□インターネットを個人の鬱憤晴らしの場所と勘違いしている(ネットに対する無知)
□暴言・誹謗中傷の言葉を“自分の個性”と勘違いしている(言論の自由の穿き違え)
□メディアで目立つ人を攻撃したくなる(嫉妬深い)
□自分はいつも優秀で正しく、自分に反対する者は“バカ”と決め付ける(差別主義者)
□他人の心の痛みに対する共感力・想像力の欠如(情緒未発達)

そして、残念な事にこの類の人は、「あなたのやり方は間違っている」と指摘されても絶対に認めない。反省や後悔という言葉は彼らの辞書にはない。

「言論の自由」には「責任」も伴うのだということを知らしめる一番の方法は、誹謗中傷された人々(当事者)が法に訴えること。

例え倫理的にセンセーの発言が教育者として相応しくないと思ったところで、どれだけ怒り心頭になったところで、当事者以外は法に訴えることは出来ない。

一般の人間は個人的感想として「言葉に無神経で、人の痛みも分からない、共感力も想像力もない、頭でっかちのモンスターみたいなセンセーには絶対に教わりたくないよ~」と声を発することしかできない。

声を発しなければ、ネット上で何を書いても(誹謗中傷も)OKだと認めたことになってしまうような気がして、ここでこうして言わずにはいられないのだ。

このセンセーの問題発言に関して、当事者でない一般人の大学への電凸の件や大学が教員の個人ブログに関して謝罪したことに関して、賛否両論湧き起こっている。

もし、このセンセーがかのネットストーカー女性と酷似しているのなら、本人は自分がこれだけ話題になって喜んでいるかもしれない。
自分はパンピーと違って、特別優秀な存在なのだから話題になって当然と思い込んでいたりして。

「人間の廃物利用」と名指しされた橋下大阪府知事あたりが名誉毀損で訴えてくれたら、センセーも少しは目が覚めると思うんだけどなぁ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.03.04

情緒不安定、脱出した?

2月は上・中旬と下旬のテンションが違いすぎて、ちょっと情緒不安定気味のまま3月に突入した感じ。

上・中旬は映画シナリオの打合せ5回、ドキュメントの取材2回と仕事で動き回り、カウンセリングセミナー初級クラス全10回が終了、その間にDVDで映画6本鑑賞、セントの通院も3回と、良い意味の緊張感が漲り時間が上手く回転していた。

ところが、3年半使っていた携帯電話の電池パックが限界になってしまい、それを期に新しく携帯を買い換えた辺りから、回転がおかしくなった。


携帯でテレビなんか見るのは邪道だ! 音楽も携帯なんぞで聴かん!
ゲームもいらん、デコメもいらん、おサイフケータイもいらん・・・

・・・のはずだったのに、買ったのは DOCOMOのP905i 
決め手は 510万画素のカメラだったんよ。
電話が通じて、メールが出来て、カメラがキレイならあとの機能はいらん!

・・・のはずだったのに、次の日、出先の喫茶店でワンセグでサッカーの試合を見ている私がいる(ーー;)・・・“ぷよぷよ”をやり出したら止まらない私がいる(ーー;)・・・

さらに、分厚いマニュアルを読み出したらきりがなく、ネットで安い付属機器を探し、加えてデスクトップPCのメモリ増設もすることにしたりと・・・
気がついたら、そんなことばかりで数日経っており、機械に振り回されている自分に今度は自己嫌悪・・・。 

なんか、上中旬の良い緊張感が途切れてしまった感じ・・・(ーー;)

はい、すべて自分の責任です(^^ゞ

2008021712
情緒不安定の原因の一つは、セントの病状も関係あるかも。

セントのクッシング症候群、見た目には大きな変化はないんだけど、月に一度の検査結果は、お薬を増量しているにもかかわらず悪化している。

検査結果の数字だけ見ると、1月は悪化してても正常範囲内の数字だった。
自宅でのセントの様子から、2月は絶対、良くなっているはずとかなり自信を持っていたのに、1月の倍の数字が出て、悪化していることが明らかになり、大ショック。

どんなに手を尽くしても良くならないことに、無力感さえも。

3月に入ったら1年ぶりに大学病院で検査をしてもらい、もし、脳の下垂体腫瘍が大きくなっているようであれば、放射線治療も選択肢に入ることになった。

でもでも、そんなママの心配をよそに、セントは相変わらず食いしん坊で元気です。

情緒不安定も、ラブとセントを見ていると、癒される気がする。

そんなこんなで気がつけば、締め切り2本が目の前。
3月は大車輪でがんばらにゃ。

4月はぜひお花見会を実現させたい。

そのためにも、人参を目の前にぶら下げて、3月をしっかり乗り越えるのだ!

花粉症の皆様は、どうぞお大事に(^.^)/~~~

【お知らせ】

■ 映画『明日への遺言』 に 小野孝弘さんが出演しています。
   ぜひ劇場でご覧下さい。

■ ネットトラブルのサイトに下記をUPしました。
   関心のある人は、どうぞご覧下さい。

   『国内の主なネットトラブル・名誉毀損事件など一覧 』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.09

メルマガ『かの・わけ』7号発行

実在のネットストーカー関連のメルマガ『かの・わけ』7号を発行しました。

今回は、ネットストーカーである彼女から、被害者たちに送りつけた 誹謗中傷文 や 告訴すると脅す通告文・損害賠償請求文 など、実際に届いた文書などを画像で紹介。
それらの画像が見えるようにURLを記載しています。

ネットストーカーというものが、とれだけ厄介なものか・・・

どうぞご覧下さい。

http://www.mag2.com/m/0000192734.html

または ↓ から

http://ok-curry.hp.infoseek.co.jp/kanojyo_wake1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.03

メルマガ『かの・わけ』5号発行

ネットストーカー実例メルマガ『かの・わけ』 5号発行しました。

読者登録(無料)は下記よりどうぞ F_balloon22

http://www.mag2.com/m/0000192734.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.31

メルマガ継続しま~す!

大失敗っす・・・Kao10

更新が止まったままになっているメルマガを、ようやく発行しようとしたら、本日午後6時
に休刊措置が取られていた。

本日中に発行すればいいものと思い込んでいた私の勘違いで・・・Kao04

ということで、ただ今、復刊の手続き中。

数日中に復刊手続きが終了したらメルマガ次号発行しますので、
待っててくださいね Yondene

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.27

メルマガ『彼女がネットストーカーになった理由(わけ)』 4号

メルマガ『彼女がネットストーカーになった理由(わけ)』 4号

本日発行しました。

前回の発行から、ずいぶん時間が経ってしまいました。
半年間発行がない場合は、休刊扱いになるとか。

ということで、今号はネットストーカー・人格障害問題に関して、私が参考に読んだ本をご紹介させていただきました。

読んでみてくださいね。

メルマガ登録はこちらからどうぞ。
http://blog.mag2.com/m/log/0000192734/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.16

匿名性幻想

ここ数日、PCの前から離れて仕事関連の資料や本を読むことに没頭。
で、昨日二日ぶりにネット復帰。
メールや書き込みに返信を・・・と思いつつ、 「BPD★BBS」 に居ついてしまったらしいアラシさんのことが、目の上のタンコブのように不快で気分が悪い。
なので昨日は思い切って「BPD★BBS」のお引越し決行。
そんなこんなで、今日はもう土曜日。一週間経つのがとにかく早いですぅ(~_~;)

メールや書き込みいただいた皆様、返信遅れておりすみません<m(__)m>

「BPD★BBS」は私にとっては、いずれ、ちゃんと向き合ってみたいテーマの資料置き場としての意味もあり、設置したもの。

“来る者拒まず”だけど、積極的にこの掲示板をアピールはしていない。なので外部からの書き込みは少ない。が、ある日、気がついたら英文の書き込みが100以上も投稿されている?!

とりあえずまとめて削除。
すると、またまた執拗に同様の英文書き込みが続く。
これはアラシに間違いない!
最初のうちはIPアドレスでアク禁にしていたんだけど、串で次々にIPアドレスを変えるアラシにアク禁はいたちごっこ。

卑怯・卑劣なアラシに煩わされるのもバカらしいので、一挙に引越しを決断。

引越し先をブログ形式にするか従来のBBS形式にするかちょっと迷う。

両方に共通する条件は、アラシ対策が今以上にきちんとできること。
ブログのほうが設置が簡単だしスッキリしているしずいぶん迷ったけど、やはりBBS形式を選ぶことにする。
日記的に使うよりも資料置き場としての読みやすさを考慮して。

幾つかの掲示板を比較して、一番セキュリティがしっかりしているレンタル掲示板をチョイスした。
そういうわけで「新BPD★BBS」は段階的にアラシをシャットアウトできる安心掲示板です。

もしこのレベルを突破してアラシの書き込みがあったとしたら、すぐに次のレベル、手を打ちますから。

それにしても、インターネットって、使いようによっては凶器にもなるわけで、その凶器の引き金を弾かせる大きな要因は匿名性

しかし、弁護士のKITOU氏は著書『インターネット犯罪大全』の中で

 「ネット特有の匿名性から、一般にネット犯罪の犯人を突き止めるのは難しいと思われている。しかし、ネットを使うと通信記録がプロバイダに記録される。これを証拠として警察が押収できれば、容易に犯人に結びつく証拠を得られることになる。
 実際には、
ネットの匿名性は幻想に過ぎない ・・・・」

 つまり 「ネット犯罪は、通信記録などから、むしろ足がつきやすい犯罪の部類に属し、匿名性は幻想に過ぎない」 なので 「暴力団のような犯罪のプロは、こうしたアシのつきやすい方法は取らない」 「暴力団がネット犯罪に本格的に参入しないのも、こうしたネット特有の匿名性幻想に気づいているからだ」 そうです。

アラシやサイバーストーカーの皆様、匿名性幻想を過信しすぎませんように(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.10

メルマガ『彼女がネットストーカーになった理由(わけ)』

メルマガ『彼女がネットストーカーになった理由(わけ)』

  5月9日 3号 配信しました。

  3号の内容
    ◇彼女がネットストーカーになった理由(わけ)
            第3回 声優・五十嵐リエの場合:迷惑な贈り物

     ◇ネット事件★えとせとら
        サイバーストーカー&過去の関連事件

     ◇人格障害★えとせとら
            人格障害(Personal Disorder)とは

     ◇遊びをせんとや★えとせとら
            ストレス・チェック

     ◇編集後記

 
  ネット上にはこんな“困ったチャン”もいるってことで、読んでみてくださいね。

  読者登録は下記より
 http://www.mag2.com/m/0000192734.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)