2011.06.26

祝・世界遺産決定!小笠原諸島&平泉

bell  6月25日 小笠原諸島 世界自然遺産に決定!

bell  6月26日 平泉      世界文化遺産に決定!
       

book 世界:自然遺産180件、文化遺産704件、複合遺産27件
  日本:自然遺産4件:①屋久島 ②白神山地 ③※知床 ④※小笠原諸島
  日本:文化遺産12件:
              ①※法隆寺地域の仏教建造物 ②※姫路城、
              ③※古都京都の文化財 ④白川郷・五箇山の合掌造り集落
              ⑤※原爆ドーム ⑥厳島神社 ⑦※古都奈良の文化財 
              ⑧日光の社寺 ⑨琉球王国のグスク及び関連遺産群
              ⑩紀伊山地の霊場と参詣道、
              ⑪石見銀山遺跡とその文化的景観
              ⑫平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

pencilこの機会に、行ったことのある世界遺産をチェックしてみたら・・・

イタリア 1989年旅行
      ※ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂
      ※ナポリ歴史地区 
      ※ポンペイ、エルコラーノおよびトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域

スペイン 1979-1980年&1989年旅行
      ※コルドバ歴史地区
      ※グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン
      ※古都トレド
      ※セビリアの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館

ドイツ  1989年旅行
      ※ライン渓谷中流上部

スイス  1989年旅行
      ※スイス・アルプスのユングフラウとアレッチ

フランス 1989年旅行
      ※ヴェルサイユの宮殿と庭園 
      ※パリのセーヌ河岸
      ※ノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿

アメリカ 1999年旅行 
      ※グランド・キャニオン国立公園  

カナダ  1999年旅行
      ※カナディアン・ロッキー山脈自然公園群

ざっと思い出して、訪れた有名観光地はだいたい入ってる。多いのか少ないのか分からないけど・・・。

パリからタクシーをチャーターして行ったバルビゾン村などは文化遺産に入ってもいいような気がするけど、入ってないんだ。

アメリカは4回行ってるけど、世界遺産は1カ所だけ。全部個人旅行で、いわゆる団体旅行に組み込まれているような観光巡りしたのは母と行ったグランド・キャニオンとカナディアン・ロッキーだけ。

日本は全16カ所のうち、7カ所。(※印:訪問)

沖縄は与論島に渡る時に1泊だけなので観光は全くしていない。改めて行きたいと思いつつまだ実現していないなぁ。
 

小笠原諸島は、1992年の年末から2002年の12月の間に6回訪れている。

泳ぐわけでも、潜るわけでもなく、原付きバイクを借りて島内をブラブラするだけ。
また、陸や船からクジラやイルカを見るだけなんだけど、この島には東京の日常と違う時間が流れているんだよね。

  ☆小笠原諸島 父島へ・・(2000/12/28) かつて父島について書いた記事

  ※1992年から毎回ホームビデオで父島を撮ってきた。
    境浦に見えた戦時中の沈没船も毎回ビデオで撮っていたが、6回目に行った時、
    すっかり海に沈み沈没船は見えなくなっていた。
    戦争の記憶が風化し、忘れ去られていくようで、複雑な気持ちになった・・・。


    父島には、その他にも戦争の傷跡が残っています。    


ところで、1999年、母と2人でナイアガラ⇒カナディアン・ロッキー⇒グランドキャニオンに旅した時(全部母が行きたいとリクエストした場所)のこと。

団体旅行に申し込んだつもりだったのに、母と2人だけの団体旅行だった?!

で、カナディアン・ロッキーに行った時、迎えてくれた現地の日本人コーディネーターの人とゆっくりいろんな話が出来た(団体さんといっても母と私だけだから)。

その時、コーディネーターの人がかなり厳しい口調で言っていたのは、カナディアンロッキーでは、松ぼっくり一つでも持ち帰ることは許されない。しかし、日本人は気軽に拾って持ち帰ろうとする・・・と。

その話を聞いて、確かに日本の国立公園などの規制は緩いのかもしれないと感じたものだった。

今思えば、私たちが訪れた時はカナディアン・ロッキーもグランドキャニオンもすでに世界自然遺産に指定されており、観光客への規制もより厳しかったのかもしれない。


小笠原諸島に関していえば、本土と小笠原諸島を結ぶ船の入り口は父島しかなく、その父島では固有種を守るために植物などの持ち帰りは規制されていると記憶している。


めでたく世界遺産となった小笠原諸島だけど、多くの人にその自然を知って欲しいと同時に、心無い観光客に荒らされることなく今の自然が今のままに保護されていくことを祈らずにはいられない。

(これで飛行場は作れなくなったので、正直ホッとしています)








| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.04.13

山火事

昨日の昼間、たまたまテレビをつけたら、ちょうど私の郷里・大分県中津市での山火事のニュースをやっていた。

2005年の町村合併で山間部の三光村、本耶馬渓町、耶馬溪町、山国町が中津市に編入。山火事はそういった山間部で発生したらしいが、正確な場所はニュースでは分からない。

その山間の地域には高校時代の同級生や知人などの実家があったりで、その後も山火事のニュースが気になる。

空気が乾燥している今の時期は山火事多発の季節らしい。
ここ数日だけでも宮城・角田市、熊本・阿蘇市、山梨・甲州市、その他規模の小さいものも含めると30件以上も山火事が発生しているという。

2009041200000021annsocithumb000smalで、結局、大分県中津市の山火事のニュース、今朝ようやく、ネットニュースで鎮火されたことを知った。

12日午前11時頃発生、約8時間燃え続け午後7時頃鎮火。10ヘクタール以上焼失したが怪我人はないとのことでホッ。

九州に帰省する時、いつもしみじみ思うんだけど、飛行機から見た日本は本当に山林が多く美しい。
森林面積は国土の約70%、先進国の中で日本は最も森林の多い国らしい。


以前、カナディアンロッキーに旅した時に、現地日本人コーディネーターがカナダの国立公園内では落雷など自然発生的な火災では消火活動はしない、それは太古から続いた地球の営みの延長にあることだからと言っていた。

国土面積が日本の20数倍、世界で二番目に大きい国土面積を持つ国だからの考え方であり、国土の狭い日本じゃそうは行かないよね。


本日も全国的に乾燥注意報が出ています。
お気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.11

「羊水腐る」騒動 それにしても気になるのは

「35歳を過ぎるとお母さんの羊水が腐る」

あの歌手のこの発言を知った時、まず最初に驚いた。

25歳にもなって、こんなに無知な人がいるの?! って感じで。

19年前、私のテレビドラマのデビュー作は24歳の女性が結婚問題で心が揺れる話だった。
当時、未婚女性を「クリスマスケーキ」で表現することが流行っていた。
12月25日を過ぎて「売れ残ったクリスマスケーキ」に例えて、25歳以上の未婚者は「売れ残りのクリスマスケーキ」などと言われていた。

「結婚したい時が適齢期」と思っている私としては、世間がなぜ「24歳まで」を結婚適齢期と決め付けているのか理解できず、その根拠について調べた。

「25歳はお肌の曲がり角」=老化のはじまりと言われるが、お肌だけでなく身体全体も老化が始っている。
卵子も精子も、年を経るごとに老化していく。
高齢出産にリスクが多いといわれるのは、そんな経年変化=老化の所以だ。

それからもう一つの原因として、現実的に考えた時、出産・育児というのは女性にとっては重労働。なので一番体力のある20代で結婚・出産をしたほうがいい、というのが一部の人生の先輩達の考え方。

それらが「売れ残りのクリスマスケーキ」と言われる理由だと分かった。

「羊水が腐るから」などの説は、その時もその後も一切聞いたことがない。

問題の歌手は謝罪会見で、「普段から自分の言葉の使い方が良くなかった」と言っていたが、この人は本当に軽率な言葉の使い方をしていると思う。

2月3日の夜の番組でも生産者情報付野菜を作った農家の人に対して、とてもひどい発言をしている。

野菜の生産者の顔写真付きシールについて

「書いてあったもん私が作りましたみたいな(笑) 誰が作りました?私が。 って誰やねんみたいな。ネットで調べてくれても私、有名よみたいな?(笑)」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2228894
http://jp.youtube.com/watch?v=IyTHsqbvpDI

などと当の生産者が聞いたら傷つくような事を平気で言っている。

この歌手は、自分自身、有名になりたくてどんなチャンスも逃がさずに頑張ってきたんだろう。そんな自分を顔写真付きの野菜の生産者に投影したのかもしれないけど、誰もがこの歌手のように「有名になりたい」から顔写真を出すとは限らない。

それと、この人は「言いたいことをズケズケ言う」というのが売りのようで、「周りに受けるような言い方」をしてしまう人らしい。

私なんか、生産者の顔写真付きの野菜は憧れの的。
顔を出してまで自分の作物に責任を持つということだから、これほど安心出来る食べ物はない。
だから、価格は高い。それが憧れる所以であるわけ、庶民にとってはね。

仲間同士の会話ならどんな冗談も自由だけれど、公共放送での発言には気をつけなきゃ。


今回のこの件でもう一つ気になったのは、一部のコメンテーターたちの反応。

ネット上で非難の声が上がったことについて、勝谷誠彦氏は「ある種のいじめ」と言い、残間里江子氏は「言葉狩り」だとコメントしていた。
両者共に、これでは自由に発言することが出来なくなると。

しかし、両者の受け止め方に、私は違和感を感じてしまった。

両者とも恐らく山田美保子氏のことを意識しての感想ではないかと感じた。
山田氏はあの歌手の「羊水腐る」発言に一早く反応したコメンテーターで、コメントの内容はあの発言を容認・擁護した発言だったらしい。
そのことで、山田氏のブログには批判の書込みが殺到、いわゆるブログ炎上状態になった。(炎上は現在も進行中・・・)

それを知って、これではコメンテーターはテレビで迂闊にものが言えなくなる・・・というのが勝谷・残間氏の底辺にあったと思う。

だが、ちょっと待って欲しいと私は思う。

コメンテーターは擁護であろうが批判であろうが自由にものが言えて、一般人が意見をネット上で言い、批判派の方が多かったら「イジメだ」「言葉狩り」だと押さえつけようとする。ってことは一般人は「黙っとけ」ってこと?

確かに2ちゃんねるのコメントを読んでいると半分くらいは低年齢層、もしくは精神年齢が低そうな議論にもならない、感情的で汚い言葉の困ったちゃんの書込みはある。
しかし、問題の歌手の発言について「間違ったことは、間違っている」とハッキリ指摘する発言も多々ある。

私はたまに2ちゃんねるを覗く程度だが、香川・坂出殺人事件の時は2ちゃんねるをちょっと見直した。
世間では父親を犯人視する見方が濃く、ある女性タレントがブログで父親が犯人だと断定的に書いたことで人権問題に触れ、この女性タレントは無期限の活動停止処分になってしまった。
そのことが話題になっている最中、2ちゃんねるでは「おまいら、早まるな。父親が犯人でなかったらどうするんだ。地元では親戚の○(アルファベット)という人間が犯人だと噂になっている」旨の書込みがあり、そのスレッドでは父親犯人説を懐疑的に見る人も多くなった。

2ちゃんねるでは、メディアが報じない地元の人間からの書込みを読むことが出来る。
と、2ちゃんねるならではの特徴に感心したものだ。

「集団イジメだ」などと2ちゃんねらーを批判している勝谷氏は、実はかなりの2ちゃんねるワォッチャーらしい。

亀田騒動の時は亀田大毅を「偽装ボクサーと断定」「大阪の恥」とも言い切り、「(八百長非難は)社会の正しいバネが働いたのかもしれない」「ネットのチカラ」であり「大マスコミが庶民を騙している時代は終わった」とまで言い切っている。

また、亀田父が興毅に宛てた手紙のことで『侍ジャイアンツ』を引用し、 「(パクリに気が付いた)ネットの連中、君達は偉い」「2ちゃんねらはすごい、可愛くなっちゃった」「君達の力で大きなメディアの虚妄が暴かれていく部分があるよ」などと褒めまくっている。
http://jp.youtube.com/watch?v=hagLmZNLan0&feature=related

結局、コメンテーターと言えども、基底には感情的な好悪の印象があり、それにもとずいてコメンテーターの立場、発言があるのだ。

勝谷氏で言うと、もともと亀一家に対して好印象を持っておらず、なので批判が厳しくなる。よって2ちゃんねるの批判にも共感する。
一方、例の歌手の場合は、もともと好意的に見ており、「失言くらい許してやれよ」と思っているのに2ちゃんねるで批判が高まったことに対して「集団イジメだ」と糾弾したくなる。

ということは、とどのつまり、2ちゃんねらーや一般人と同じレベルの氏の発言・・・と私は感じてしまうわけで。

公共の電波で発言するコメンテーターならば、表現方法に個性は大事だけれど、まずはバランス感覚を持って、「問題になった事例」が正しいか正しくないかを検証した後に、批評・批判のコメントを述べて欲しいと思う。

『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』(ひろゆき(西村博之)著 扶桑社新書)の中で、

 「2ちゃんねるのニュース速報版に書き込まれた情報を誰もが見ているのかというと、そけはありえません。スレッド数も膨大にあり、その中の一部を見ている人でも、何万人、何十万人しかいないと思われます。

 (注・ケツ毛バーガー事件を引用し)

 リアルのメディアがこの事件を報道しなければ、ほとんどの国民が気づかずに終わっていた、ということではないのでしょうか? インターネット上で10万人だけが知っている情報をテレビや新聞で報道した瞬間、情報を知っている人数が2桁ぐらい増え、何千万人という数になってしまうのではないでしょうか?

 インターネット上の情報というものは、メディアが報じなければ、まだ多くの人に知られるほどフラットな状況ではありませんし、インターネット自体を閉じようと思えば、まだ閉じられる状況にあります。

 しかし、メディア側がインターネットでの出来事をどんどん報道してしまうことで、リアルとインターネットの情報が密に紐付けされるようになり、結果的にインターネットの出来事がリアルの世界での常識とリンクし始めてしまったことは問題でしょう。
 

 (中略)

 テレビやポータルサイトは、大勢が一つの物語を共有するという共同幻想のためには都合がいい道具なのですが、インターネットの基本は、大勢が一つの物語を共有するという世界ではないような気がするのです。
 この2つがかかわり合うと、事件への影響力を過大にしてしまう現象が起こる、そのことをもっと認識すべきだと思うのですが・・・。」

 と問題提起している。

 「イジメだ」「言葉狩りだ」とのコメンテーターたちって、ネットのごく一部で起きた批判の声に対して、過剰反応しすぎでないのかなぁ。

 間違った知識や言動に対して、一般人が「それは間違ってるよ」と言えなくなる社会って、その方が怖いよ・・・・・・・と私は思ってしまうのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

そういえば『群青の夜の羽毛布』・・・

■「弟、妹に恨みなかった」=逮捕の長男が供述-奈良医師宅放火、現場検証終了(時事通信)

■<奈良高1放火殺人>事件の真相は 専門家が分析(毎日新聞)


「何もかもが自縄自縛(の状態)になり、嫌になった」

リセットするための放火・・・



この長男の親子関係、そしてリセットの仕方を見た時、すぐに一本の映画を思い出した。


0512gunjyounight 『群青の夜の羽毛布』 2001年作品

本上まなみ主演 
磯村一路 監督

http://blog.livedoor.jp/lovemama1/
archives/50551322.html

(↑私の鑑賞作品“倉庫用”ブログ、本館とリンクなし)


この映画の中の母娘関係と現実の事件の父息子関係、そしてリセットの仕方が重なって見えてしまう・・・

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2005.11.11

少女よ・・・女子高生タリウム殺人事件

第一報を聞いたのは、何度も推敲を重ねた企画書の最後の追い込みに入っている時だった。

オリジナルのこの企画書には三人の中高生が出てくる。
三人ともが、それぞれ違う形で生と死の境目に立たされている。
そんな話にのめり込んでいる最中に飛び込んできた16才の女子高生による母親毒殺未遂事件。

ネットで彼女の日記を探したがすでに削除されている。しかし、みんなどこからどうやって手に入れたのかは知らないが、彼女の日記のコピーが出回っている。

その日記を読んでいて浮かんでくるのは酒鬼薔薇聖斗による神戸連続児童殺傷事件

少女よ、きみまでも・・・

どんな根拠があるわけじゃないが、そのフレーズが頭の中から離れない。

kuraimori-1 かつて『暗い森―神戸連続児童殺傷事件』(朝日新聞大阪社会部 )を読んだ時、正直私は 中学3年生(14才)の文章にとても驚いた。

彼の文章はいろいろな文献のパクリ、切り貼りだといわれている。

 「俺は真っ直ぐな道を見失い、暗い森に迷い込んでいた」

このフレーズだけでもダンテの『神曲』だったかゲーテの『ファウスト』だったか、あるいは好んで読んだコミックの影響だったかは知らない。しかし、それらのフレーズを自分の文章に取り込んで違和感なく書く能力。それに驚いたのだ。

16才の女子高生の日記を読んでいて、酒鬼薔薇聖斗と同じような印象を受けてしまった。
彼女自身、日記の中で1度だけ酒鬼薔薇聖斗のことに触れている。


07月30日 残酷な現実感
唐突だけど、僕は酒鬼薔薇少年が好きではありません。
自作の詩だという「懲役13年」は、神曲等の有名な詩を切り貼りしただけの代物ですし。
犯行声明も何処か...


(上記文章が中途半端になっているのは、引用先の日記のコピーがそうなっているから)

彼女はネコやウサギやハトをばらばらに切断して“実験材料”にしていたらしいが、そのたびに酒鬼薔薇聖斗のことを意識して「自分と彼とは違う」と自分に言っていたのではないだろうか。

確かに、酒鬼薔薇聖斗には生育歴の中で何か大きな欠落があったような気がする。
だが、彼女には酒鬼薔薇聖斗ほどの異常性は感じない。それは、私が彼女と同性だからだろうか?

例えば彼女が“岩本亮平”と名乗ったこと も、その 名前の由来であるネット小説『絶望の世界』 を読めば、彼女がその名前を名乗りたくなっても不思議ではない気がする。

『絶望の世界』 というのは数年前、宮谷シュンジという人が書いたリアルタイムで更新される日記形式のオンライン小説。アンダーグラウンドではとても人気があり、出版化の話まであったそうだ。

私はとりあえず、序章から8章までを読んでみた。
そして、一挙にその世界にハマった。
主人公の高校生・岩本亮平が学校でイジメにあう過程が日記形式で綴られている。
私は彼の受けたイジメが架空のものだとは思えない。ここまでとは言わないが、同じようなイジメを受け、誰にも言えずに耐えている子供たちも多いのではと感じた。

そして、やがて登場人物のすべてがインターネットの匿名性の迷路にハマりこんでいく・・・
読み終えて、何と言えばいいのか・・・今まで感じたことのない切なさに覆われた。

仕事を終えて、『光と影の世界』 『希望の世界』と読み進んだが、ハッキリ言って、インターネットの匿名性がもたらす狂気の部分が膨らんで いって・・・ちとしんどい(ラストまで辿り着いてない・・・)。
それにしても インターネット時代ならではの、すごい小説 だと思う。

今の中高生の一部がこの小説に共感する部分を見出すことが、それほど異常なことだとは思えない。

16才女子高生が日記の中で「僕」と書いていたことも、私には違和感がない。

moritadouji 私は一時期、森田童子にハマったことがある。
テレビドラマ「高校教師」の主題歌「ぼくたちの失敗」で再浮上した森田童子。
何枚かLP(の時代でした^_^;)を持っているが、彼女の歌はほとんど「ぼく」という一人称が使われている。

森田童子に影響されたわけじゃないけれど、私も若~い一時期、自分を「ぼく」と言っていた時期がある。

よく考えてみたら、「女の癖に」という言葉に敏感で、「なんで女だからと区別されるの?」というレジスタンスの気持ちが強かった時期だったかも。
その気持ちは、女の子だったら持っても不思議ではない と思うが・・・。

さらに16才女子高生がグレアム・ヤングに惹かれたことも、それ自体は異常だとは思わない。
yumeno-doguramagura また自分のことで恐縮だけど、私はある時期、夢野久作にハマっていたことがあり、『ドグラ・マグラ』をはじめ『瓶詰の地獄』『少女地獄』『押絵の奇蹟』『狂人は笑う』『犬神博士』など“日本一幻魔怪奇の本格探偵小説”を読み耽った。

さも正義や正常を看板のように貼り付けて生きる人間の闇の部分に潜む狂気・・・そんな部分に惹かれる時期があることは異常ではないと思う。

思春期、スポーツや好きな歌手や俳優などに惹きつけられるのと同じだ・・・と思う私はおかしいのだろうか・・・。

ただ、私が上記に書いたことは、思春期から大人に移行していく時の通過点

ほとんどの人は、その通過点を通って、架空の世界と現実世界をきちんと区別して大人として人間としての分別を身につけて社会生活を送る。

彼女は、その通過点で躓(つまず)いてしまった・・・・・・

グレアム・ヤングに心酔し、薬品を集めることまでは彼女の趣味嗜好の範囲内だ。
感情に支配され矛盾の多い現実に比べて、化学の世界は感情抜きで数式・化学式できちんと答えが出る合理的な世界。
しかし、彼女は脳内の合理的な架空世界を踏み越えてしまった

なぜ?

私にはたいそうな分析など出来ないが、一つ強く感じるのは、(動物も含めた)他者の痛みに対するイマジネーションの欠如。

これは近年の少年犯罪すべてに感じることだ

私は、すべて彼らの資質のせいだとは思わない

彼らに欠けていると思われるものを、教えてこなかった、あるいは感じさせてこなかった大人たちの責任も大きいと思っている。

【参 考】
★ glmugnshu - グルングムシュー:女子高生母親毒物殺人未遂事件のまとめ 

★ 絶望の世界

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.05.18

見てる?

日本PTA全国協議会が公表したテレビ番組に関するアンケート結果。

〈子どもに見せたくない番組〉

(1)ロンドンハーツ(テレビ朝日系)
(2)水10!(フジテレビ系)
(3)クレヨンしんちゃん(テレビ朝日系)
(4)めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ系)
(5)志村けんのバカ殿様(フジテレビ系)
(6)キスだけじゃイヤッ!(日本テレビ系)
(7)サスペンス番組(*)
(8)ぐるぐるナインティナイン(日本テレビ系)
(9)ボボボーボ・ボーボボ(テレビ朝日系)
(9)バラエティー番組(*)

〈子どもに見せたい番組〉

(1)プロジェクトX(NHK)
(2)どうぶつ奇想天外!(TBS系)
(3)3年B組金八先生(TBS系)
(4)ニュース(*)
(5)脳内エステIQサプリ(フジテレビ系)
(6)週刊こどもニュース(NHK)
(7)その時歴史が動いた(NHK)
(8)伊東家の食卓(日本テレビ系)
(9)世界・ふしぎ発見!(TBS系)
(10)世界ウルルン滞在記(TBS系)

(*は特定の番組名なし)

ちなみに私は・・・

「格付けしあう女たち」とか「愛エプ」とか今のところ青木さやかがお気に入りなので結構見てます。嫌いな出演者がいる時は見ませんが(^_^;)

随分前はクレヨンしんちゃんのあのキャラが好きで毎週見てました。当時、幼稚園児をもつ友人からは白い目で見られてました(ーー;) 主題歌は私のカラオケのレパートリーにしっかり入ってます。私が歌うとみんなが白い目で見ます、今でも(ーー;)

「どうぶつ奇想天外」と「週刊こどもニュース」はよく見ます。特に「こどもニュース」は大人でもためになります(^^ゞ

上記アンケートは日本PTA全国協議会(会員約1000万人)の小学5年生と中学2年生の保護者約4800人が回答したものだそうです。

その他の結果 nikkansports.com より

見せたくないCMでは消費者金融関係が上位を占めた。

★子どもにインターネットの利用状況を聞いた調査では「電子メールを利用している」と答えたのが、小5で20・7%、中2で64・3%に上った。

メールの相手は、小5では「母親」と「同じ学校の友人」がいずれも36・4%。中2では「同性の友人」が74・8%で最も多く、「メールで友達が増えた」と答えたのは小5で15・5%、中2では46・8%と半数近くになった。

子どもの出会い系サイト利用について、中2の保護者の92・4%が「利用してはいけない」と思っているのに対し、中2の57・8%が「特に問題ない」と答え、意識の差が明らかになった。

続きを読む "見てる?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.26

大惨事に・・・

気がつくと4月ももうすぐ終わり。

携帯連載脚本とスペシャルドラマ脚本の執筆で閉じこもって仕事しているうちに4月は過ぎてしまいました。

au携帯連載脚本『闇夜の花』は昨日、最終の12話目をUP(現在配信中)

朝から仕事をしていてると、隣のリビングのテレビから「脱線・・・」という言葉が聞えるようになり、ニュースは「脱線」一色になった。

昼すぎに初めて画面で脱線事故の映像を見て、仰天してしまった。

車両がマンションの駐車場に突っ込むなんて、どんなに想像力を巡らせても普通はあり得ない事だ!

現実はやすやすと虚構を超える・・・

相次ぐ大地震、そして今度の大事故。

天災、そして人災を目の当たりにして、人間がいかに脆い存在かを思わないではいられない。

26日午前7時16分現在、死者71人、負傷者441人

亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると同時に、まだ車内に残されている方々が一刻も早く救出されることをお祈りいたします。

原因についてはいろいろと考えられるようだけど、早い解明と再発防止の対策を!

<参考>尼崎脱線事故:なぜ起きた? 脱線のメカニズムを推測

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.28

よく頑張ったね!

長岡市の土砂崩れ現場から奇跡的に救出された2歳の皆川優太ちゃん、身体のほうはぐんぐん回復しているようで、本当に良かった。

昨日は仕事をしながらNHKを付けっ放しで、母子三人の無事救出を祈っていた。
二時半頃から優太ちゃんが救出されるまで、NHKでは「電磁波を放射する人命探査装置で生存が確認された」と繰り返し繰り返し言ってたし、「呼びかけに答えた」「ハンドルの上に置かれた貴子さん(お母さん)の手で脈を確認した」などとリポートされていたので、てっきり三人とも生存しているのだと思い、一刻も早い救出を祈り続けた。

残念ながら貴子さんと長女の真優ちゃん(3)は即死だったらしいとのこと。

きっとお母さんの「優太ちゃん生きて」という思いが優太ちゃんを守ったんだろうな・・・

優太ちゃんがお母さんとお姉ちゃんの分も元気にすくすく育ちますよう。

ハイパーレスキュー隊や救助の皆様もお疲れさまです。
あと一息、真優ちゃんが一刻も早くお家に戻れますよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.07.26

現地ではサッカー中継取止め?!

昨夜のサッカー・キリンチャレンジカップ2004 日本五輪代表vs豪州五輪代表試合、0―1で残念。
前半は皆よく動いてたし、ボールカットも上手くなったなぁって感じで期待大。
しかし、何度もチャンスを掴みながら(幻のゴール2回も・涙)、相変わらずの決定力不足・・・
闘莉王の「前へ、前へ」の闘志、全員にもっと欲しいなぁ。

24日のアジア杯 対タイ戦は2点目を取ってからはうつらうつらしてしまい、残りの2点のゴールは見てない(^_^;)けど、4-1で勝ってホッ。

ところで、オマーン戦の時からそうだったけど、中国のサポーターたちの日本に対するブーイングはちょっと不快すぎる。スポーツなんだから、どっちのチームであろうと良いプレーに対しては拍手しろよって感じィ。
で、こんな記事を読んでしまった。

アジア杯サッカー日本戦の中継取りやめ=反日気運への配慮?-香港大衆紙
24日付の香港大衆紙・太陽報は、中国の重慶で開催しているサッカーのアジア・カップで、現地での反日感情をあおらないよう、中国中央テレビが日本戦の中継を急きょ取りやめる措置を取ったと報じた。

 同紙によると、20日のオマーン戦に続き、24日のタイ戦でも、当初予定していた中継を中止。地元サッカーファンが対日抗議行動を計画しているとの情報があり、中国当局も日本選手団や応援団などに対する警備を強化しているという。

 重慶は、抗日戦争時代に日本軍による度重なる空襲で多数の犠牲者が出るなどした歴史的経緯から、反日感情が強い土地柄とされる。また、尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる領土問題なども、反日機運が盛り上がる背景にありそうだ。 (時事通信)

スポーツに政治を持ち込むな!
って、過去の歴史から培われてきた反日感情は理屈では制することが出来ないのか?
激しいブーイングにも負けることなく、正々堂々と勝ち進んで欲しい、日本代表!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.07.25

自殺者過去最高

自殺者が過去最悪 「経済苦」急増8897人 警察庁、昨年まとめ

昨年一年間の全国の自殺者は34427人。
前年に比べて2284人(7・1%)増加し、過去最悪とのこと。

「健康問題」・・・15416人
「経済・生活問題」・・・8897人
「家庭問題」・・・2928人
「勤務問題」・・・1878人
その他

「経済・生活問題」での激増が目立ち、前年比957人(12.1%)の増。
6年連続で過去最悪を更新し、最少だった90年(1272人)の7倍に。
うち、40代の男性が1853人、50代の男性が3031人で、合わせて
半数以上を占めているとのこと。
内訳 「負債」5043人、「生活苦」1321人、「事業不振」1041人
    「失業」610人、「就職失敗」183人、「倒産」の96人など

地方の駅前商店街・・・シャッターを下ろしたままの店が何と多いことか。
参院選で小泉さんも竹中さんも「景気は回復している」と自分たちの
経済改革成功を叫んでいたけど、地方の現状はどうよ・・・

「悲観的に思わないで」 と小泉さんは他人事のように言うけど、
国の財政の無駄遣い、たくさんあるでしょう。
そこちゃんと見直して欲しいね。

中高年のお父さんたち、死んじゃダメだよぉ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)