2017.12.31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.18

twitterとブログ

twitterのつぶやきをサイドバーではなく、記事として自動UPする方法は?

やってみたけど、私の欲しい機能とはちょっと違うなぁ。

とりあえず、試しに張っときます。

時間ができた時に再チャレンジ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.01

ついった~をついかした~

ご無沙汰してます。

元気にしてます。

この頃はツイッターでつぶやくことの方が多くなっています。

ほんと、手軽につぶやけるもので、ついつい・・・

ツイッターとブログは書き分ける。
と思ってたけど、この際、思い切ってサイドバーにツイッターのウィジェットを置いてみることにしました。

今のところ試しにって感じで。

いつまで同居になるか分かりませんが・・・(^-^;


ツイッターでは、カルト臭、マルチ臭、アダルト臭はリフォロー遠慮させていただいてますが、それ以外は必ずリフォローしますので、気が向いたらフォローしてみてください。

   See_Saw_twをフォローしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.29

やはり『違う』・・・twitter

26日に “つぶやき” を記事に貼り付け、昨日一昨日と仕事の関係でネットの書き込みからは遠ざかっていた。


2日ほど置いてみて、やはり twitter をブログに張るのは違うような気がしてきた。

第一に、ブログと twitter では時間の流れが全然違う。

ブログはあくまでも、マイ時間、マイペースで書いた記事を置いておける。

しかし、twitter は即時性、そしてインタラクティブ性があり、それはどんどん流れていく“今”という時間の中に言葉を置くことで、一瞬だけその言葉が生き生きと生きる。

そんな時間の流れの違う twitter  という環境下で発した言葉を、ブログに貼り付けたところで、即時性もインタラクティブ性も失われた言葉たちに、面白味も意味もないような気がしてきた。

とりあえず、自分の“つぶやき”のログは保存しようと思えば3000“つぶやき”まではダウンロードして保存できるので、ブログにまで貼り付ける必要はないか・・・


ということで、三日坊主ならぬ、一日坊主で twitter とブログのコラボは終了!




ところで、 twitter 、いろいろと喧しいようで・・・

もともと大雑把人間なので、あまり負担になったら、たぶんササッと一抜けるだろうな、私は。


ツイッターに疲れた...なう

   「名言をつぶやかなきゃ」「有名人にフォローされたくて必死」etc.
   はやくも“つぶやき疲労”が蔓延中
           (SPA! 2010年6月22日号掲載) 2010年7月28日(水)配信

Web SPA!

   ⇒ じわじわと"ツイッター疲れ"が蔓延中!?

仕事×ツイッター=疲労な人々
   ⇒ 『大企業の特命宣伝部長』
   ⇒ 『Webデザイナーです。業界全体が「ツイッター、ツイッター」と騒ぎすぎてて
     疲れます』

プライベート×ツイッター=疲労な人々
   ⇒ 『ツイッター中毒』
   ⇒ フォロワー50万人にして、疲れ知らず! その秘訣とは!?
   ⇒ 対談 津田大介氏×中川淳一郎氏「ツイッターとはバカと暇人のもの」なのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.26

twitter:7月26日(月)

突然ですが、これから twitter でのつぶやきもできるだけUPしてみようと思います。

わりとつぶやいてますcoldsweats01

Twitterc 7月26日(月)

T_smalla帰宅なう。途中から雨。小金井は雷雨。稲妻、すごくて怖いよ~。
posted at 19:34:46

T_smalla新百合ヶ丘なう。http://twitpic.com/28t3e2
posted at 18:08:40
  ※携帯からの画像UP、失敗してます・・・happy02

T_smallaおはようございます、の時間になってしまった・・・。昨日お昼寝してしまったので、夜は結局寝ないまま朝を迎えてしまいました。今日も良い一日でありますよう♪ #ohayo
  posted at 05:53:02

T_smallaブログ更新:『変わる夏、変わらない夏』 http://bit.ly/aX6pmr  #petloss
posted at 05:50:39

T_smalla久々にブログ更新:『悲しみのプロセス』 http://bit.ly/b6zv5u
posted at 02:37:47

| | コメント (0) | トラックバック (0)