« 新しい年 | トップページ | こんなビジネスは規制して欲しい(怒) »

ミラーイングの天才=犬

私は飼っている犬にいつも癒されるのですが、犬は感情のミラーイングがとても得意なすばらしい生き物だと思います。

こちらが落ち込んでいるとき、喜んでいるとき、驚いているとき、ことばはなくても、しぐさや表情で、こちらの感情を完璧にミラーしてくれます。

こちらが悲しいとき、明るく慰めたりしません。
一緒に悲しい顔をするのです。

こちらが元気になると、一緒に元気になります。

だからこそ癒されるのでしょう。

最終的には、ことばよりも、態度や表情・雰囲気のミラーイングの方が重要であることを犬に教えられた気がします。

    『心ひらくドラマセラピー』 尾上明代著 河出書房新社刊

※ミラーイング
  ミラーは鏡、ミラーイングは、こちらが相手の「鏡」になって、相手の態度や動き、
  雰囲気などを映し出すこと。

  一番大切なミラーイングが、「感情のミラーイング」。
  相手の感情を映し出すこと。相手が喜んでいたら一緒に喜ぶ、相手が落ち込んで
  いたら一緒に落ち込む。

セントが亡くなって以後、私はラブのために「セントのことばかり考えて、悲しんでいてはいけない。ラブのために明るくしなくては」と自分に言い聞かせていた。

しかし、ある時、私が明るくしているにもかかわらず、ラブがとても悲しそうな顔をしていることに気がつきました。

ラブは私の内心の悲しみを見ていたんですね。
私が無理に明るくしていることを見抜いていたんです。

私はラブにすまないと思いました。

なによりも生きているラブのために生きなくては・・・と。

ラブとセントは今の私をどう見ているだろうか。
私が楽しくしてないとあの子たちもきっと楽しくないだろう。

虹の橋で待ってくれているあの子たちが安心して、そして毎日を楽しく過ごしてもらうためにも、まず、私が楽しく元気な毎日を過ごさなければと思っています。

会いたい・・・

きっと、また、いつか会えることを信じて。

|

« 新しい年 | トップページ | こんなビジネスは規制して欲しい(怒) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミラーイング、初めて詳しく知りました。
一緒にいるから出来るんですね…

実は今日、仕事へ行く途中に、2人のわんちゃんに会いました。私は新潟市に住んでいます。
駅から歩いて少しすると、ものすごい鳴き声がしました。キャバリアの可愛い子が雪空の中、必死に鳴いているんです…
私は急いでいましたが、立ち止まりました。
この子は鎖に繋がれて外に1人で鳴いていて、何が幸せなのか?!助けたい…鎖を切って連れて帰って、美味しい御飯を食べさせたい、抱きしめたい…そう思いました。まず、何処に相談や通報したらいいのか…
可愛がられているのか?放置しているように見えます、私は何をしたらいいのか…今も考えながらお話しています。

しかしそれを言えば、無責任で馬鹿な人間のせいで、今日保健所にいるわんちゃんはどうやって助けたらいいのか?
ボランティアを始めても、私は無力です。憤りを感じます…

その場から立ち去り歩く事数分後、信号待ちをしていた所、反対側にふわふわした可愛い子が居ます。シーズーです…
信号が青になり、すれ違い様に「可愛いですね!うちの子もシーズーです!」と、とっさに言っていました。ママさんが笑いながら「もう10歳なんです」と言いました。私は一瞬だけ、その愛らしい可愛い子の頭を撫でました、目が合いました。仕事前ですが涙が出てきました。ポテチとは違う、でも、とっても可愛い…。嬉しかったです。
そしてまた、さっきのキャバリアのわんちゃんが頭から離れなくなりました。

ミラーイングも、一緒に居て顔を見てくれてるから…ですよね。
私は、人間ほど身勝手で、これほどまでに自分の事ばかりが大事な動物はいないと実感しました。悔しくてなりません…
私に何が出来るだろう…何か早く行動に移したい…。全てのわんちゃんが幸せで健康で安心して暮らしてほしいんです。

投稿: ポテチママ | 2011/01/04 17:19

今の我が家のちびっこ達はそんな繊細なことはしてくれないけど
でも、笑顔が癒しです^^

お見送りをした後、さみしかったし後悔もしたけど
2年たった今は『生き抜いてくれてありがとう』って
思えるようになりました。
先代のアレマはミラーイングができる子だったので
私が笑っていないと向こうから悲しくなっちゃうかな?
今は毎日笑ってるから喜んでくれてるかな?

ミラーイングができるこのことを思って泣いてると
『頑張って生きたことがママを悲しませている』って
感じちゃうのかしら?

投稿: あれまま | 2011/01/05 22:35

ポテチママさま

本当にいろんな人間がいますね。

以前、休日もやっている動物病院に駆け込んできたワンちゃんと飼い主さん。
お散歩ですれ違った見知らぬ男性が突然、ワンちゃんのお腹を蹴り上げたのだそうです。
その話を聞いただけで激しい怒りが・・・

またある日、公園の花祭りにラブとセントと出かけた時。
一見、体格のいい不良っぽい若い男の人が、ペットバギーのセントの前にしゃがみこんで、「がんばれよ」とやさしく頭を撫ぜてくれました。

愛犬が心臓病で、手を尽くしたけど、入院の翌日、呼ばれて病院に行ってみるとすでに冷たくなっていたと口惜しそう。
残ったのはワンちゃの治療費の百万円近い借金・・・と若者は笑っていました。

動物を通して、その人間の本質が見えてきますよね。

最近、嬉しかったのは、今、シナリオの講義に行っている学校で生徒が「読んでください」と持って短編シナリオは、動物保護センターを舞台にした「人間の身勝手さ」を訴える内容でした。
怒りや憤りは作品を作る上での大きな動機になります。
そのシナリオが映像作品となったら、ぜひ観たいと思っています。

それぞれが自分にできることの積み重ねで何かが変わっていくのではと思います。

お互い、無理をせず、自分のペースで前に進みましょうねdog


投稿: ラブセントママ | 2011/01/07 16:40

あれままさま

アレマちゃん、お誕生日おめでとうcakeshine

あれままさんとアレマちゃんやめいちゃんが楽しく充実していること、それがお空のアレマちゃんにとって一番安心して、嬉しいことでしょうね。

私も毎日、「ラブもセントも病気と闘って本当に良く頑張ったね。母ちゃんも、頑張ってるからね!」とガッツポーズしてます。
きっと、それが一番喜んでもらえるだろうから。

おっとりアレマちゃん、きっとあれままさんの傍で安心しきっているからなんでしょうねhappy01

投稿: ラブセントママ | 2011/01/07 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/50472712

この記事へのトラックバック一覧です: ミラーイングの天才=犬:

« 新しい年 | トップページ | こんなビジネスは規制して欲しい(怒) »