ペット

♡ セント&ラブ ♡ 

                 

     080714saint Loveb SentosLove_2Sento2 

     セントだけじゃ淋しいからって、ラブのgifアニメも作ってくださいました。
                 Yさん、ありがとう(08年7月&09年1月)sun
                            


             ※下の広告は広告内右上の×をクリックして消してください。

            Yさんが贈ってくださったラブ&セントのメモリアルビデオです。
                    私のブログの写真を構成して作ってくれました。
                                   Thank You Mr.Y dog  (2010年4月)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ラブ&セントのメモリアルビデオ

Yさんが贈ってくださったラブ&セントのメモリアルビデオです。
私のブログの写真を構成して作ってくれました。
・・・何度見ても泣いてしまいます・・・

Thank You Mr.Yumadog




※下の広告は広告内右上の×をクリックして消してください。




4月27日

温かさに感謝です。

動画をビデオ形式でDVDに書き込み成功してホッとして間もなく・・・

Yさんからオリジナルの動画が届いた。

私がこれまでUPしたラブとセントの写真を編集して作ってくれた「メモリアルビデオ」でした。

次々に甦ってくるラブとセントの姿・・・

何度見ても、次から次に涙が湧いてきて、涙が止まりません。

やがて、ラブとセントからのメッセージが聞こえてくるような気が・・・

「かあちゃん、がんばってね」

※なぜか、心の中でラブとセントに話しかける時、自分のことを“ママ”ではなく“かあちゃん”と言ってしまう私。父と母のことは「とうさん・かあさん」と呼んで育ち、「かあちゃん」という言い方はしたことがないんだけどね。

 セントのやんちゃなキャラに対して「かあちゃん」が一番自然なのかもしれない。

「かあちゃん、泣かないで」
「かあちゃん、笑ってごらん」

メモリアルビデオに込められたメッセージが伝わってくる。

そして、また、涙があふれてしまう。

ビデオを作ってくださったYさんと奥様の優しさと温かさに・・・。

心から感謝です。

                      (ブログ「See-Saw日記」より転載)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2回目の月命日

早いのか遅いのか・・・


ラブとセントの骨壺のあるリビングからまだ離れられず、仕事もリビングで。

(骨壷にはラブもセントも可愛い歯がしっかり残った頭蓋骨まできちんと収められています。悪質な葬儀業者じゃなかったので・・・)

この二ヶ月、仕事部屋に行く気になれないまま。


お散歩中のわんちゃんを見るのも辛く、また、車で近所を走っているだけで、いつも助手席にいたラブとセントのことを思い出し、また悲しくなり・・・


家の中のどこにいても、いつもトコトコついてきたラブ、そしてセントのことを思い出し、この家にいること自体辛くなってしまいます。


もちろん、仕事で外に行った時は彼女らを失った辛さや悲しさは表に出さないようにしているけど。
その分、帰宅した時が辛い。いつもラブとセントが、セントが逝ってからはラブが出迎えてくれたし。
鍵を開けながら、ドアの向こうにラブの気配がもうないと思うと、未だに涙が吹き出してしまいます。


毎朝、イエス様にラブとセントがもう病気で苦しまなくていいようにお返ししましたから、可愛がってやってくださいとお祈りしています。

ラブとセントには、あれまちゃんやハッチちゃんやあーちゃんたちと一杯遊んで、一杯おやつもらっていい子にしててねと話しかけています。

毎朝毎朝、同じ言葉ばかりでお祈りしています。
ラブとセントに心配かけないように笑っているつもりなのに、涙がでています。


毎朝毎朝、その繰り返し・・・


仕方ないですね。


世間にはペットの死を、“たかがペット”と考える人もいて、うかつに悲しみや辛さを話すことが出来ません。


なので、この悲しみ、辛さを無条件に受け留め、共感してくださる皆様がいると思うだけで本当に、心から救われています。

改めて、お礼申し上げます。







この二ヶ月・・・

1003013

3月1日、九州から来た知人を案内して、思い切って小金井公園に行きました。


いつの間にか、梅が真っ盛り。


この花の下も毎年、ラブとセントと歩いたと思うと・・・


小金井公園にはどこもここも想い出がありすぎて、この日以来、やはり一人では行くことができないまま。

P1000707

気がついたら、観葉植物がどんどん枯れて、右は全部の葉が落ちてしまいました。

両方とも13年目。こんなに葉が枯れたのは初めて。

原因として・・・いつも部屋を閉め切ったままで、私が動かないものだから、空気が動かないせいではないか?

「ごめんね」 観葉植物に謝ってお詫びに水をたっぷりと。




P1000715

一方、玄関前の鉢植えには水仙がきれいな花を咲かせていました。

仕事で出かける日以外はほとんど閉じ篭もりの日々。

花に気がついた時はちょっと感動。
ほとんど手入れせず、土に水を撒いていただけなのに、1年経って再び花を咲かせてくれてました。



P1000717

3月末、仕事へ行く途中の道、千川通りの練馬付近。

いつの間にか桜の季節に。

小金井公園の桜は間もなく桜祭り。

今年も見事だろうなと思いつつも、思い出ばかりが押し寄せてくると思うと、どうしても行く気にはなりません。

仕方がない・・・







そしてそして、4月に入って・・・

P10006951

一度は裸になった観葉植物に、新しい芽を発見!

半分枯れかけていた左側の観葉植物にも下のほうから新しい葉が生えていました。

なんだか嬉しくなって、毎日、カーテンを開けるたびに、頑張れよと声をかけています。

P1000723




4月3日、仕事で行った江戸東京博物館の桜。

東京はどこもここも、桜満開のよう。







1004081


4月8日、自宅前の道が桜の花びらで真っ白に。

気がついたら、もう桜の散る頃に。

季節を巡る植物の生命力に驚きと感動をもらっているような気がします。

それで、今日はトルコキキョウやマツバギク、ミリオンベルなどの花苗を買ってきて植えました。

なんと二ヶ月以上振りにスーパーとホームセンターへ。

心の一部はまだ停まったままだけど、時間はちゃんと進んでいるし、私も先に進んでいくしかありませんね。

ラブとセントに心配かけないように、しっかりしなくちゃと自分に言い続ける毎日です。


大丈夫だよ、お母さんは・・・って。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

♡ セント ♡ 

                     

                 080714saint    

               9月5日までの記録と現在進行形の記録とが
           混在した日記になっています。
        時系列が混乱して読みにくくなってしまい、
               ごめんなさいですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車に乗って

昨日の夕方、久しぶりにラブを自転車に乗せて小金井公園までお散歩に。

一昨日の日曜日、長く乗ってなかった自転車を磨いて、夕方、お散歩に行こうと思っていたのにすごい雷が・・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
なので昨日は、雷が鳴らないことを確信してからお出かけ。だったもので、出かけるのが遅くなってしまい、帰りは真っ暗。写真撮れなかったweep

060814_zenfukuji_park7 ←我が家の自転車には前に着脱可能ペット用バッグが取り付けてありますが、これまではほとんどセント専用で、ラブは後ろの籠専用。

なので、考えてみたらラブを前のバッグに入れてやったのは昨日が初めて・・・。

バッグの中で最初は緊張していたラブも、帰る頃にはバッグの中でリラックス。

それにしても、夕方の風にはもう秋の気配が。

着実に季節は変わりつつありますねmaple

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早朝散歩

060814_zenfukuji_park7_1 See-Saw日記 へUP 
見てね Mikukadolink

ブログ『See-Saw日記』 C_14 早朝散歩 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プール開き!

06072

06071                  














朝からの猛烈な暑さに、去年より早く、我が家のプール開きをしました。

2時前、すごい密雷でピカピカ、ゴロゴロが続いて、一瞬停電(-_-;)
PC画面、あっという間に真っ暗に・・・(>_<)

3時前、やっと雨が上がって少しは涼しくなったかと思ったけど、相変わらずアジィ~っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月は痛いっす

ani_up13 5/13 ブログ『See-Saw日記』 C_14 5月は痛いっす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セント危機一髪!

前にも書いたと思うけど、セントはとにかく雷が大ッ嫌い。
わん子の動物的な勘なのか(たぶん気圧の変化に敏感なのだと思うけど)、雷の数時間前から、怯えて抱っこを要求してくる。

その日も早朝から抱っこを要求して来た。
「あらら、低気圧がやって来てるんかな」とベランダに出てみるとピーカンの良い天気。
いつものように鳩たちが飛んでるし、珍しく近所のビルの周りにカラスが群れをなして飛び回っている。

ところが、「大丈夫、大丈夫、雷さんは来ないから」といくら言っても、セントは仕事中の私の膝にしがみついて離れない。
怖がっているのにつき放すこともできずに、膝の上に抱っこすると、今度は肩の上に這い上がって震えている。

肩の上にしがみついている分には両手が使えるのでそのまま仕事を続行。けど、7キロ近いわん子を肩に担いでいるのも長時間は無理。
一方、ラブは雷も低気圧もぜんぜん平気。
「お母さんもラブ姉ちゃんもいるから、な~んも怖くないよ」とセントを床の上に下ろした。

すると、トコトコとリビングの方に行ったので、私はそのまま仕事続行。
間もなく、ラブが「ワンワン」と吠える。
家の中では無駄吠えは禁止しているので、「吠えるには何かよほどの理由があるのかな?」とセントの様子を見に行った。
が、リビングにセントの姿がない。
で、ふとベランダを見ると・・・
060422_fence2_1 右から二番目のフェンスの隙間に体を突っ込んでセントがもがいていた。

な、なんと体の2/3がフェンスの向こう、空中に出ていて、両手を空中でバタバタさせていた・・・

0511koji4_1 これはベランダの床工事が終わった直後、まだ細かい柵を張ってない時、隙間から身を乗り出すラブ。

セントはこんな風にして2/3体が空中に出ていたわけで(ーー;)
幸か不幸か、肥満児だったおかげでお尻がつかえて、残り1/3がどうしても外に出なかったおかげで、命拾い。

060422_fence1 セントが生後三ヶ月で我が家の子になって間もなく、一度セントは上の写真のように外に出ようとした。

なのでそれ以来、左のように細かい柵をベランダに張っている。
それだけ用心しているのに、端の方は死角だった。

060422_fence3_1
早速、両端の隙間も絶対に出られないように塞いだことはいうまでもない。

それにしても、フェンスの外は13階の空中。

060422_fence4_1 もし、セントが痩せていたら・・・
ラブが吠えてくれなかったら・・・
私が気がつくのが遅かったら・・・

←まっさかさまに・・・


必死でセントを助け出して(なかなかお尻が抜けなかった)、改めて下を覗いた途端、私の足はガクガク震えだした。もし落ちていたと思うと・・・(ーー;)

それにしても、あれほど雷を怖がっていたセントが、なぜ、怖いはずの外に出ようとしたのか?
ハトさんかカラスさんに「こっちにおいでよ」と誘われたのか・・・
それとも、誰かの声が聞こえたのか・・・

(昨年、最上階の14階から人が落ちたのです・・・)

・・・・・・・・・・・・

ラブもセントも、時々、人間には聞こえない声が聞こえているみたいです。


あ、その日は、あれほど天気がよかったのに、やはり夕方になって雷が鳴りました。
セント予報は正確です(^_^.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブ・セン 花の散歩道

0604010 すごく風情のあった広い敷地の日本家屋が、アッという間にマンションに建て替わってしまった。

でも、この桜の木だけは残されたようで、樹齢何十年かは分かりませんが同じ場所にデンとあって、今年も満開の花を咲かせていました。

0604012 向いの広い土地の家も今、マンションに立替中。

周囲の移り変わりを、じっと見つめ続けているこの桜の木。

間違いなく、この土地の主です。



0604015 0604014
0604016








0604013 このおうちは、いつも通るたびに、妙な違和感を感じてしまう。

表玄関はとてもきれいです。
だけどなぜか、必ず漂白剤だとか家庭用洗剤のボトルが置きっ放しになっているの。
7年近く、お散歩で通るたびにいつもいつも・・・

なんかの魔よけとかおまじないでしょうか(笑)

その他にも、このおうちにはどう考えても妙な部分があって・・・

この家の主婦の人は、きっとすっごく几帳面でキレイ好きの人だと思うんだけど、なんかアンバランス。

お散歩でいつもいつも同じ道(時々途中のルートは変えても、最後に通る道は同じです)を通っていると、「家の性格」ってのも感じてくるものなんですよね。

人んちの玄関をチェキするなんて、むむむ、ちょっと姑根性がはいってる?

それより、乱雑極める自分ちをなんとかしろ・・・と反省モードに入るラブママでした(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧