セント☆日々雑感

セントの命日

060814_zenfukuji_park9_3

もう三年・・・
まだ三年・・・

血を吐くほどに悲しくて
涙にまみれたあの日がよみがえってきます。

セントの写真を見るにつけ、
この子はほんとうに病気とよく闘った、
強い子だったと驚嘆せずにはいられません。




三年経って、悲しみと寂しさを紛らわせるのは
上手になりました。



しかし・・・

あの日以来、三年間、我が家では豚肉は一切買ってない。
(外ではしっかり食べますが)

セントの命を縮める原因となったモノ。
私の迂闊さの象徴。
心のどこかで、自分を許していない。

もし、平然と買えるようになったら
私が現実を現実として受け止められるようになったということでしょうか。



毎日毎日、手を合わせ、イエスさまと父に、そちらに行ったセントとラブのことを
よろしくとお祈りしています。

そして、病気の苦しみから解放され
しっかりごはんを食べて
たくさんおやつを食べ
いっぱい、みんな・・・アレマちゃんやポテチちゃんと・・・元気で仲良く遊ぶよう
お祈りしています。


アチラでのおともだちは
最初はアレマちゃんやポテチちゃんのお名前をお祈りの時に言ってましたが、
今はそれに加えて、は~ちゃんや黒ニャンコちゃんや白茶ニャンコちゃん、
東北大震災で亡くなったすべての犬や猫や動物たち、生き物たちまで
とても増えてしまったのが、悲しいです。


それでも、みんながあちらで楽しくしていることを信じ、これからも祈り続けます。


毎日手を合わせ、セントとラブに語りかけることで、
バランスを保ち、
日々、頑張って生きる気力をもらっています。


亡くなってもなお、あの子たちに支えられているのが現実です・・・。




セント、いつも一緒だね。
母ちゃん、頑張ってるから、見ててね・・・。






あれままさま、ポテチママさま
いつも温かいコメントをいただきありがとうございますribbon

正直なところ・・・
ここに来るのが辛くて、ある時期からこのサイトに来ていません。

部屋の中はセントとラブの写真でいっぱいで、
毎日毎日、手を合わせているんですけどね。

あれ以来、アレマちゃんとポテチちゃんのご冥福も毎日、お祈りさせていただいてます。

改めて
あれままさまとポテチママさまに
感謝の気持ちを込めて・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ペットの喪中葉書

先日、仕事の打ち合わせで中央線武蔵境駅からバスで調布へ。
バスのルートは、セントの通院で車で何度もASCへ通った道を通る。

バスの車窓から、見慣れた風景をぼんやり眺めながら、気がついたらセントのことを思い出して泣いていた……。

まだ、平気ではいられませんね。


ところで、ペットの喪中葉書ってやっぱりあったんですねぇ。

参考
 ☆ どうぶつ最新NEWS
 ☆ ペット喪中はがき

今年の年賀状は本当に辛いです。
心の中は完全に喪中ですから。

悩み迷った結果、喪中葉書はやめて普通のお年賀を出すことに決めた。
毎年、お年賀は200枚以上出しています。半分以上は仕事関係の年賀状。

仕事関係だけでなく、プライベートでもペットの死が人間の家族の死と同等に重いものだということ、どれだけの人に理解してもらえるだろうか?
問題はそこに集中。
人間だと、家族に不幸があれば喪中葉書は社会常識。
しかし、ペットに対する考え方は人さまざまだし、自分のごく私的な感情を仕事に持ち込んだり、他人に押し付けることは出来ない。
辛いけどそういう結論に達した。


上記のペット喪中はがきの業者さんの注意を読んでいたら、やはり下記のようなことが書いてあった。

「一般的に喪中はがきは、年賀状をやり取りされている方全員に送られる事が多いようですが、『ペットの喪中』については、まだ世間一般の方に広くご理解いただけていないのが現状です。

ですから、ペットちゃんをよくご存知だった方やご理解のいただける方に限定して、送られてはいかがでしょうか?

受け取られる方によっては、「けしからん!」「非常識だ!」などと受け取られてしまう場合もあるようです。

特に仕事関係では喪中であっても年賀状を出される場合も多いので、特にお控えになられた方がよいと思います。」


やっぱりなぁ……ってかんじです。



そういうわけで、今年のお年賀の絵柄はちょっと工夫しました。

キリスト教では、亡くなるということは天に召されるということ。
本来ならば、現世の試練から脱して、神様に呼ばれる喜ばしいことです。
ではなぜ、死別が悲しいのか……死そのものが悲しいのではなく、もう二度と会えないという別れが悲しくて辛いのです。
宗教の教義や論理や理性を超えて、生きている人間の感情として現世での別れが悲しくて辛い……。

そんな、残された者の寂しさの一方、お空のセントはきっと、元気な頃に戻って、み~んなと毎日、いっぱいいっぱい遊びまわっていることでしょう。

そんな思いを込めて、年賀状を作りました。

今年は年内にお年賀、出すぞぉ!
(毎年、元旦に年賀状書いてるワタシなものでshock

              にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
                 lovelyクリックしてねlovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワンコのおせち

昨日、12月26日、やっとやっと、セントの死亡届を市役所に出してきました。

届けには登録票(犬鑑札)予防注射済票が必要。

予防注射済票は、昨年、今年とクッシング症候群のために予防注射免除届(動物病院にて作成してもらった)を出しているので持参しなかった。

登録票(犬鑑札)は、係りの人のご配慮で、セントの生きた証として私の元に戻してもらった。
※紛失した場合は、届出用紙に“紛失”と書いておけばいいそう。
 飼い主さんの中には、手元に置いておきたいという人もいて、その場合は紛失扱いにして飼い主に犬鑑札を残してあげているのだという。

 四角四面の役所だけど、ペットを亡くした飼い主の気持ちを第一に考えてくれる担当者の優しいご配慮に感謝です。

0801226_0042_2 帰り道、ラブと一緒に『PET FOREST』へ。

ラブと小一時間店内をウロウロ。

←こんなもの見つけました!

なんと、「ワンコのおせち」 650円

ニャンコのおせち」は400円だった。

半日、付き合ってくれたラブのご褒美におせち買いました。

 


0801226_002_3 帰りに寄った洋菓子屋さんでは、あまり可愛いのでつい。

クマとパンダのマジパンが可愛い過ぎのケーキ。
キッズ用のケーキだそうで、とても軽い食感でした。



0801226_001_2










同じ店にあった、これまた可愛い一口和菓子。
雪ダルマが可愛い。
5個セットでした。 ↓


0801226_008_2 0801226_009_3

              にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
                 lovelyクリックしてねlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★セントの誕生日(8/13)

080813_001 8月13日(水)

セントの8回目のお誕生日・・・のはずでしたweep

ペットフォレストでペット用のケーキとプリンを買って来て・・・・





鉢植えのお花を摘んで ↓ のようにアレンジして・・・
080813_002 080813_003


    080813_004_2


セント、虹の橋のお友だちとバースデーパーティーしたかなlovely

ママの心の中では、セントは7才と11か月のまま・・・

それでも、8月13日になるとママは毎年、こうしてケーキを買ってくるんだろうなbirthdaycoldsweats01



              にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
                 lovelyクリックしてねlovely

             

| | コメント (2) | トラックバック (0)

★セントのコーナー(7/10~7/11)

20080710_p10002753_4  





リビングのセントのコーナー。









20080711_p10002782






仕事部屋のデスクの前にもセントがいます。






              にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
                 lovelyクリックしてねlovely

             

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢で逢えた

           2

ようやっと夢の中でセントに逢えましたheart02

ママが何か食べようかな、と思っている時、トコトコと現れたセント。

なぜかボール一杯のリゾットを持ってきて、その上には特大の茹で海老が。

大きな茹で海老を食べようと格闘しているセントを見て、ママは殻を剥いてあげなくちゃ・・・
と思っているところで目が覚めた。

なぜリゾットで、なぜ大きな茹で海老?

理由は分からないけど、久々に食いしん坊セントに逢えて嬉しかったよheart04shine

              にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
                 lovelyクリックしてねlovely

             

| | コメント (4) | トラックバック (0)

食べて喋って・・・泣いた

先日、仕事の打ち合わせで調布へ。

プロデューサーの知り合いの素敵なレストランで、本格的イタリアンをいただきました。

080912lavita2_2 『 LaVita1215 』

東京都調布市小島町1-21-5
℡ 042-442-5141

調布の駅から徒歩5分ほどの真っ白でお洒落なリストランテ『ラビータ1215』

8月21日にオープンしたばかり。
料理長は元キャンティにいた高柳シェフ。
美味しくないはずがありませんwine

ハウスワインをいただきながら前菜、パスタ、メインのお肉・・・すべて美味しかったrestaurantgood

仕事の話も弾み、帰りはすぐそばのバス停から三鷹行きのバスに飛び乗る。

あ・・・despair・・・出来れば避けたかったルートのバスに乗ってしまった・・・

セントのクッシングの治療で07年4月から08年3月まで通い続けた深大寺のASC(どうぶつ皮膚病センター)の近くを通るルートだ。

『深大寺入口』の停留所の表示を見た途端に涙が溢れてくる。

セントと通い続けた日々が次々と記憶に甦ってくる・・・。

深大寺の境内も、神代植物公園の傍の散歩道も、ドッグランも、セントとの思い出が一杯。

「仕方がない・・・仕方がない・・・セントがいないこと、それが現実なんだから」

そう分かっていながらも、バスの中で溢れてくる涙をひそっと拭い続けた。

突然、思い出しては泣いてしまう・・・当分はこんなことが続くんでしょうね。

仕方がない・・・sweat02

                にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
                    lovelyクリックしてねlovely

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローズクォーツ発見

8月末に気力を振り絞って、大掃除を決行。

というのも、7月中旬頃からラブが身体を痒がるのが気になり、8月に入ってすぐにAWC動物病院に連れて行きました。
皮膚のパッチテストでは細菌感染は見られず、アレルギーかもしれないとのこと。

ギクッcoldsweats02  もしや、ホコリアレルギーsign02

セントが亡くなって以来、家の中はあの日のまま・・・

ここまで来て、ようやく大掃除と洗濯をする気になりました。

セントの身体を包んでいた2枚のバスタオル。セントの体液のシミがついたままだけど、どうしても洗えずに毎日、胸に抱いて寝ています。
それを思い切って洗濯しました。

洗ってもシミは取れなかった・・・。でも、そのほうがセントをすごく感じて、この2枚のバスタオルはまるでライナスの毛布みたいに、今でも寝る時は胸に抱いてます・・・

そして、引っ越してからちょうど一年経過した押し入れの中まで、大掃除。
その時、いつどこで買ったのか忘れてしまったローズクォーツのブレスレットを発見。

ローズクォーツは心を癒す作用もあるらしいので、腕に。

080614_003 また、セントの闘病に使った包帯やらガーゼやらがいっぱい残っているのを整理。

ふと、セントの首に巻いていた包帯を腕に巻いてみたら、なんだか、すごくセントを感じて元気が出てきました。

なので、家にいる時はローズクォーツとセントの包帯を腕に巻くようになりました。

080905_002 080905_001_2

なんだか、リスカと間違われそうなので、人前では腕の包帯はしません。ご安心をhappy01

これからは、6月5日でストップしたままになっているセントの治療経過や、ラブとの日常のことなどをゆっくりゆっくり書いていこうと思っています。

ブログ村のランキングにも前と同じく参加しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

              にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へにほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
                 lovelyクリックしてねlovely

             

| | コメント (4) | トラックバック (0)