« ●最近のサマワ(06/03/11~03/31) | Main | ●最近のサマワ(06/4/16~4/30) »

2006.04.30

●最近のサマワ(06/4/1~4/15)

■サマワ記事(含イラク関連)  ★関連記事
 各記事リンク切れの場合はごめんなさい。
 ブルー文字は引用  赤文字は管理人の注・コメント
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■4/14 サマワ権限移譲、準備整う 多国籍軍と州知事が文書(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060414-00000038-kyodo-int

 陸上自衛隊が駐留するサマワを州都とするイラク南部ムサンナ州での、多国籍軍撤退の前提となるイラク側への治安権限移譲をめぐり、同軍司令官と州知事が「権限移譲の準備は整った」との文書を作成したことが14日分かった。文書は既にイラク移行政府と多国籍軍、米英両国大使館などが権限移譲の是非や日程を協議する合同委員会に送付された。

 陸自撤退とも関連する権限移譲に向けた事務的手続きが進展した。今後は同委員会での政治的判断が焦点となるが、新政府樹立に向けた連立協議が難航しているため委員会開催は遅れている。実質的協議は、新政府発足後にずれ込む可能性もある。



■4/14 イラク派遣拒否の英軍医「米国のイラク侵攻はナチ体制と同じ」(AFP)
http://www.asyura2.com/0601/war80/msg/108.html
http://news.yahoo.com/s/afp/20060412/wl_uk_afp/britainiraqnzealand

Fiddlemachinegun (写真と記事は関係ありません)

 英国南東部のオルダーショットの軍法会議公判でRAF(英国空軍)軍医のマルコム・ケンダルスミス大尉は、米国のイラク侵攻をナチ体制と同じと批判した。

 同氏は2005年6月、イラクのバスラ派遣を拒否。派遣命令拒否の他、そのための訓練任務拒否などの罪に問われて起訴されていた。

★4/12ギャラップ米世論調査:米国民の63%「大統領の行為は違法もしくは不道徳」(暗いニュースリンク)
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/briefing/2006/04/63_7859.html

 米ギャラップ社が4月7日から9日にかけて行った最新世論調査によると、CIA工作員身元漏洩事件において、大統領が直接関与していた件について、米国民の63%が「大統領の行為は違法」あるいは「不道徳」と回答している。(以下略)

★4/13 「イラク介入は不当」 選挙勝利のプローディ氏(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060413-00000003-kyodo-int

 パリからの報道によると、イタリア総選挙で勝利した中道左派連合のプローディ元首相は12日のフランス紙ルモンドに掲載されたインタビューで「イラク介入は不当で根拠がない」と批判、派遣しているイタリア軍について「撤退はイラク政府と合意した上で行う。イラク再建のため、その後は民間人を派遣する」と話した。

 イタリアは、南部ナシリヤに2600人規模の部隊を派遣している。プローディ氏は総選挙で「できるだけ早く撤退する」と公約した。親米のベルルスコーニ政権は、撤退時期を「今年末まで」としていた。

■4/11 イラク撤収、迫る決断 英の動き、政府注視(産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060411-00000005-san-pol

★4/10 伊総選挙、野党が優勢 イラク派兵に批判か(共同通信)
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/1135.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060410-00000213-kyodo-int


■4/6 イラク軍施設にロケット弾 サマワ近郊、負傷者なし(共同通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060406-00000009-kyodo-int

 陸上自衛隊が駐留するイラク南部サマワ近郊のルメイサの警察当局によると、同市にあるイラク軍訓練施設の敷地内に5日、ロケット弾が3発撃ち込まれた。負傷者はなかった。

 サマワや近郊では、これまでにも陸自や英軍の宿営地などを狙った攻撃が相次いでいるが、イラク軍が攻撃対象となるのは異例。
 治安当局は、地元ムサンナ州全域で検問を強化する警戒態勢を敷き、犯行グループの特定を急いでいる。


■4/5 世界はどう見る:イラク戦争開戦から3年(毎日新聞)

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20060406k0000m030139000c.html


■4/5 陸自撤退日程は未定 山口駐イラク大使(共同通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060405-00000016-kyodo-int

 山口寿男駐イラク大使は4日、バグダッドでイラク移行政府のタラバニ大統領と会談し、南部サマワに駐留する陸上自衛隊撤退の日程について、日本政府は何の決定もしていないことをあらためて伝えた。

 また大使は、日本政府がイラク政治プロセスの進展を支持していることを強調。ムサンナ州での大型火力発電所建設など電力分野のほか、農業や港湾整備でも支援を進めていることを説明した。タラバニ大統領は、日本の支援に対し謝意を表明した。

■4/5 弁護士による「イラク派遣自衛隊員・同僚・家族 電話110番」
http://ch.kitaguni.tv/u/1023/%bb%fe%bb%f6%a1%f5%bc%d2%b2%f1%cc%e4%c2%ea/0000340170.html



■4/2 自衛隊撤退は秋以降も イラク、麻生外相が示唆(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060402-00000043-kyodo-pol
 

■4/2 英豪軍キャンプと同時攻撃=多国籍軍駐留に反発か-サマワ陸自砲撃・豪司令官(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060402-00000002-jij-int

 イラク南部サマワに駐留しているオーストラリア軍司令官のピーター・ショート中佐は1日、陸上自衛隊宿営地が3月29日に砲撃された事件に関し、同じ時刻に英・豪軍宿営地キャンプスミッティも攻撃され、宿営地外に砲弾が着弾したことを地元公共テレビを通じ発表した。

 英・豪軍によると、発射地点はサマワ市街南部で、昨年11月7日に陸自と英・豪軍宿営地が同時に砲撃された時とほぼ同じ場所だった。今回も多国籍軍駐留に反発する武装グループが陸自と英・豪軍を同時攻撃したとみられる。 

|

« ●最近のサマワ(06/03/11~03/31) | Main | ●最近のサマワ(06/4/16~4/30) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/9832427

Listed below are links to weblogs that reference ●最近のサマワ(06/4/1~4/15):

« ●最近のサマワ(06/03/11~03/31) | Main | ●最近のサマワ(06/4/16~4/30) »