« ●備忘録:「ハリウッドの映画人は“戦争”を告発する」 | Main | ●自民党総裁選の茶番 »

2008.04.10

●「映画人九条の会」が抗議声明を発表

「映画人九条の会」メールより

 
 映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止問題が社会問題になっていますが、3月27日、自民党の有村治子参議院議員は、参院内閣委員会で映画「靖国」問題を取り上げ、専門委員(審査員)の思想・信条にまで立ち入り、一委員が「映画人九条の会」のメンバーであることを問題にしました。

 有村議員は、「映画人九条の会」を特定の政治的イデオロギーに立つ活動であると断じ「映画人九条の会のメンバーであることを知らないで選んだのか」「(その委員の)政治的、思想的活動が当該映画の助成金交付決定に影響を与えたのではないかという疑念を払拭せよ」などと執拗に文化庁に迫ったのです。

 憲法を守ることは、政治家や公務員、そして国民の責務ですが、その立場を表明しただけで特定の政治的イデオロギーに立つ活動だと断じ、国会で問題にするとは、まさに異常な事態です。まるで一昔前の赤狩りのようです。

 私たち「映画人九条の会」は、「映画人九条の会」に対するこのような理不尽な言及と非難を看過することはできません。

 「映画人九条の会」は本日4月10日、「映画人九条の会」代表委員9名全員の同意と、運営委員会全員の同意を得て、添付のような抗議声明を発表しました。
 ぜひともこの抗議声明をお読みいただき、映画の公的支援への政治介入、「映画人九条の会」への不当な圧力に抗議する私たちの真意をご理解くださるようお願い申し上げます。

                           映画人九条の会事務局長 高橋邦夫

以下抗議文本文

 
 映画「靖国」をめぐり、
 「映画人九条の会」への不当な非難的言及に抗議する。

 日中合作の長編記録映画「靖国 YASUKUNI」に対し、自由民主党の稲田朋美衆議院議員がクレイムをつけたことに端を発し、4月公開予定の映画館が次々と上映を中止する異常な事態が起きています。

 私たち日本国憲法第9条を守る一点で集まる「映画人九条の会」でも、このような事態が憲法の基本的人権、表現の自由にかかわる重大事として注目してきましたが、会の性格上、個々の問題で行動を起こすことは控えてきました。

 ところが自由民主党の有村治子参議院議員が、3月27日の参院内閣委員会で映画「靖国」問題を取り上げ、映画「靖国」が日本芸術文化振興会の助成を受けた経緯を追及、とくに助成承認にかかわった専門委員(審査員)の思想・信条にまで立ち入り、一委員が「映画人九条の会」のメンバーであることを問題にしました。

有村議員は、「映画人九条の会」を特定の政治的イデオロギーに立つ活動であると断じ、「映画人九条の会のメンバーであることを知らないで選んだのか」「(その委員の)政治的、思想的活動が当該映画の助成金交付決定に影響を与えたのではないかという疑念を払拭せよ」などと執拗に文化庁に迫り、専門委員として審査に当たったことにあからさまな疑義を呈したのです。

 憲法99条が定める通り、政治家や公務員には憲法擁護義務があり、そして国民には憲法を守っていく責任がありますが、その立場を表明しただけで特定の政治的イデオロギーに立つ活動だと断じ、国会で問題にするとは、まさに異常な事態です。これは、1940年代末から1950年代前半にかけてアメリカの下院非米活動委員会が強行した“赤狩り”=ブラッククリストづくりに匹敵する暴言です。

 映画「靖国」の上映中止問題全体を論じることは別にして、私たち「映画人九条の会」に対するこのような理不尽な言及と非難を黙視することはできません。

 有村議員のこのような非難は、有村議員、稲田議員らの映画「靖国」に対する攻撃と圧力が反憲法的、反民主主義的な本質を持っていることを自ら暴露するものです。

 そもそもドキュメンタリー映画は、社会が直面している問題を取り上げて、作者の視点から描くものです。それを偏っているとか、中立であるかどうかということを問題にするのは、映画の本質を分かっていないということです。

 私たち「映画人九条の会」は、有村議員の不当な非難的言及が持つ反憲法的な危険な意図について広く注意を喚起するとともに、有村議員の非難的言及とこれに同調する動きに強く抗議します。

   2008年4月10日

       映画人九条の会
              代表委員 大澤 豊(映画監督)、小山内美江子(脚本家)
       神山征二郎(映画監督)、ジャン・ユンカーマン(ドキュメンタリー映画監督)
             高畑 勲(アニメーション映画監督)、羽田澄子(記録映画作家)
     降旗康男(映画監督)、山内 久(シナリオライター)、山田和夫(映画評論家)

                        事務局長 高橋邦夫(映演労連委員長)
                                    運営委員会一同

 【連絡先】〒113-0033東京都文京区本郷2-12-9 グランディールお茶の水301
          HP http://kenpo-9.net/  メールwebmaster@kenpo-9.net

参考リンク

第169回国会 内閣委員会 第3号 平成二十年三月二十七日(木曜日)
   昼休憩を挟んで午後一番の質疑応答で、問題になっている有村治子議員の
    質疑応答を全文読むことが出来ます。

上記質疑応答 参議院インターネット動画
   39分39秒頃から、この問題の質疑応答開始。

 「映画人九条の会」会員として、
 私も強く有村治子議員に抗議します!

 映像作品で一つの時代を描くということは、その時代を追体験するということ。
 だからこそ「あの時代に戻ってはいけない」という危機感も強くなる。
 今の平和の礎となられた人々のためにも、平和憲法を守らねばと思う。

 どんな政治団体にも属さず、憲法を守りたいとだけ念じて「映画人九条の会」に
 参加しただけで、私はアカなのですか? 私は左なのですか?

 映像の本質を全く理解できない彼らが、“中国人”監督だということに過剰反応しているようにしか私には見えない。
 自己の正当性しか見えない偏狭な彼らは醜い。

|

« ●備忘録:「ハリウッドの映画人は“戦争”を告発する」 | Main | ●自民党総裁選の茶番 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/40839784

Listed below are links to weblogs that reference ●「映画人九条の会」が抗議声明を発表:

« ●備忘録:「ハリウッドの映画人は“戦争”を告発する」 | Main | ●自民党総裁選の茶番 »