« ●さようなら原発1000万アクション | Main | ●やはり電力は足りている(1)本当の電力能力を調査 »

2011.06.24

●保安院はやっぱり不安院。改名のススメ!

6月18日 原子力安全・保安院

 福島第一原子力発電所事故を踏まえた他の発電所におけるシビアアクシデントへの対応に関する措置の実施状況の確認結果について

 6月14日に各電気事業者等からの報告を受け、当院は、現地の保安検査官が立入検査等を行い、資機材の配備や手順の整備、訓練の実施状況等について厳格な確認を行いました。
 その結果、各電気事業者等から報告のあったシビアアクシデントへの対応に関する措置は、適切に実施されているもの と評価します。

 今後、保安検査等の機会を通じ、各電気事業者等が今後完了する資機材の調達、作業手順の整備、訓練等を通じた継続的な改善等の措置について、実施状況を厳格に確認します
 また、中長期的措置として行うこととしている緊急時の発電所構内通信手段の確保に関する構内PHS装置等の高所への移設等の措置についても、その実施状況を厳格に確認していきます


6月18日 江田万里経済産業相

  原発事故:定検で停止中の原発、政府が再稼動促す 

東京電力福島第1原発事故のような設計基準を上回るシビアアクシデント(過酷事故)対策について、各原発への立ち入り検査などを実施した結果、「水素爆発などへの措置は適切に実施されている」と評価した結果を公表した。

 海江田経産相は「これにより、運転停止中の原発についても再稼働は可能」との見解を示した。

 【調査内容】

 電力会社など11事業者に対し、以下5項目について状況を報告するよう指示。
 さらに保安院より、各原発への立ち入り検査を実施。

 (1)原発の中央制御室の作業環境の確保
 (2)停電時の原発構内での通信手段の確保
 (3)放射線管理のための体制整備
 (4)水素爆発の防止対策
 (5)がれき撤去の重機配備

 【調査結果】

 中央制御室の作業環境については震災後に各電力会社が非常用電源などを確保しており、保安院は「必要な電源が確保されている」と評価。

  福島第1原発1~3号機で発生した水素爆発についても、沸騰水型軽水炉については、建屋上部での水素滞留を防ぐために建屋に穴をあけるドリルなどが配備された

  さらに水素を建屋外に逃がすベント装置の設置計画も進んでいると判断した。





6月22日 各原発ごとのシビアアクシデントへの対応

       河野太郎メルマガ:ごまめの歯軋り
        「原発の安全確認はどこまでできているか」 より

北海道電力泊原発
  高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
  格納容器内の水素を処理する装置の設置 今後3年程度

東北電力東通原発
  高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
  原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度内完了予定
  原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度内完了予定
  ホイールローダ1台配備 平成23年6月中完了予定

東北電力女川原発
  電源確保に必要な資機材の配備 平成23年7月中完了予定
  高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
  水素放出用穴あけ作業必要機材配備 平成23年7月中完了予定
  原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度内完了予定
  原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度内完了予定
  ホイールローダ1台配備 平成23年6月中完了予定

東京電力柏崎刈羽原発
  高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
  原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度内完了予定
  原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度内完了予定
  ホイールローダ2台配備 平成23年度上期配備予定
  パワーショベル3台配備 平成23年度上期配備予定

東京電力福島第二
  高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定

中部電力浜岡原発
  災害対策用発電機の追加配備 平成23年6月末完了予定
  津波対策でPHS交換機を高所に移設 平成23年度末完了予定
  高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
  水素放出用穴あけ作業必要機材配備 平成23年7月末完了予定
  原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度上期完了予定
  原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度上期完了予定

北陸電力志賀原発
  高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
  水素放出用穴あけ作業必要機材配備 平成23年6月末完了予定
  原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度末完了予定
  原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度末完了予定
  ブルドーザ1台配備 平成23年11月末完了予定

関西電力美浜原発
  津波対策で内線電話用交換機/電源を高所に移設 平成29年度頃
  高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
  格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

関西電力大飯原発
  津波対策で内線電話用交換機/電源を高所に移設 平成29年度頃
  高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
  格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

関西電力高浜原発
  津波対策で内線電話用交換機/電源を高所に移設 平成29年度頃
  高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
  格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

中国電力島根原発
  高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
  原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度完了予定
  原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度完了予定

四国電力伊方原発
  津波対策で内線電話用交換機を高所に移設 平成24年度頃
  高線量防護服10着配備 平成23年9月末完了予定
  格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

九州電力玄海原発
  高線量防護服20着配備 平成23年6月末完了予定
  格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

九州電力川内原発
  高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
  格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

日本原電敦賀原発
  電源確保のための必要機材を配備 平成23年12月末完了予定
  津波対策でPHS交換機を高所に移設 平成23年12月完了予定
  乾電池駆動の簡易通話装置を配備 平成23年6月末完了予定
  高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
  原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度末完了予定
  原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度末完了予定
  格納容器内に静的触媒式水素再結合装置設置 平成25年完了予定

日本原電東海第二原発
  津波対策でPHS交換機を高所に移設 平成23年12月完了予定
  高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
  原子炉建屋内への水素検知器設置 平成25年度完了予定
  原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成23年11月完了予定

JAEA もんじゅ
  電源確保のための電源車置き換え 平成23年6月末完了予定
  緊急時の運転手順の整備 平成23年8月末完了予定
  高線量防護服10着配備 平成23年12月末完了予定
  放射線管理に関する体制整備 平成23年6月末頃
  原子炉補助建物に水素蓄積防止を実施 完了時期未定

JAEA ふげん 燃料プール
  トランシーバを配備 平成23年上期完了予定
  高線量防護服10着配備もんじゅと融通 平成23年12月予定

予定のオンパレード。
予定未定。つまり、シビアアクシデントの対応は現時点では全く出来てないということ。

なのに保安院は


 予定を厳格に確認して、適切に実施されている と。


さらに、保安院の結果を鵜呑みにしてこれにより、運転停止中の原発についても再稼働は可能という海江田経産相の目は節穴だらけというほかない。


事実を隠蔽、歪曲、自身に都合のいいことしか言わない保安院不安院に改名したらどうよ


立地道県知事のまともな判断に、とりあえずはホッ。
 



6月18日 海江田経産相「再稼働を」 立地道県知事、批判噴出

 ■道県知事のコメント

 ◇北海道 高橋はるみ知事

  過酷事故対策が適切と評価した根拠も含め、国は責任ある説明が必要。
  説明を踏まえ対応を検討したい

 ◇青森県 三村申吾知事

  県原子力安全対策検証委員会での検証結果、県議会での議論などを踏まえ、
  慎重に、かつ厳しく対処していく

 ◇宮城県 村井嘉浩知事

  一定の理解は示すが、不安の声があるのも事実で安全対策を万全にして
  ほしい。女川原発にはコメントできない

 ◇福島県 佐藤雄平知事

  原発が立地している県の知事は安全確認の証左がなければと言っている。
  (福島第2原発の)再稼働はあり得ない

 ◇新潟県 泉田裕彦知事

  本県の技術委員会の質問に国は回答していない。原発の安全性について論評
  に値する内容を何も含んでいない

 ◇石川県 谷本正憲知事

  経産相の判断は一つの考え方だが、浜岡原発と他の原発の違いを十分説明
  していただかないと判断は難しい

 ◇静岡県 川勝平太知事

  (浜岡原発が含まれないのは)当然だ。完全な対策だと確認できない限り、
  再開のさの字も出る状況ではない

 ◇島根県 溝口善兵衛知事

  国の指示内容が、福島原発事故の原因を踏まえた安全対策として十分か
  チェックしていく必要がある

 ◇愛媛県 中村時広知事

  再稼働の必要性に理解を求めたのだろうが詳細は分からない。伊方原発の
  稼働は白紙であることに変わりはない

 ◇佐賀県 古川康知事

  再起動への国の意思が明確に示されたと受け止める。玄海原発の再起動は、
  県議会での議論も踏まえ判断したい

|

« ●さようなら原発1000万アクション | Main | ●やはり電力は足りている(1)本当の電力能力を調査 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25950/52025586

Listed below are links to weblogs that reference ●保安院はやっぱり不安院。改名のススメ!:

« ●さようなら原発1000万アクション | Main | ●やはり電力は足りている(1)本当の電力能力を調査 »