2011.04.20

●「覚書 人工地震? 諸説紛紛 」

誰が何を信じようと自由です。

しかし、う~む・・・・・人工地震説って・・・・・どうなんでしょう?

あくまでも、信じるのは自由ですけど。

人工地震説の筆頭はこの方でしょうね。

かなり以前から『阿修羅』の掲示板でお名前は目にしていたリチャード・コシミズ氏。

「311人工地震テロ=ユダヤ権力の偽造ハルマゲドン 」
              (リチャード・コシミズ・ブログ 3/31)

この方は、ヒットラーの父はロスチャイルド男爵(ユダヤ系)の孫であり、ヒットラーはUボートでアルゼンチンに逃れ113才まで生きたと、歴史もひっくり返るようなユダヤ謀略説を展開しておられます。




その他にも人工地震については、諸説あり。

「東日本大震災にアメリカの地震兵器『HAARP』が関与している疑いが浮上【重大事実】」


「気象兵器との闘い: クライストチャーチの地震も、「やっぱりHAARP」の可能性!」


「宮城県沖地震もHAARPか?」 

「アメリカの兵器が日本の災害を引き起こした」 - ジェシ・ヴェンチュラ

HAARP

高周波活性オーロラ調査プログラム(こうしゅうはかっせいオーロラちょうさプログラム、英: High Frequency Active Auroral ResearchProgram、略称:HAARP)は、アメリカ合衆国で行われている高層大気研究プロジェクト。

陰謀論者の間では、東北関東大震災 (2011年)、カンタベリー地震 (2011年)(2010年)、ハイチ地震(2010年)、四川大地震(2008)、スマトラ島沖地震(2004)などは、自然に起きた地震ではなく、地震兵器であるHAARPシステムを試すためにアメリカが起したもので、HAARPシステムはこれまでに何回も使われているとの説がある。


ちなみに、こんな説もあります。

「ごもっとも・・・」

毎日頻発する余震もHAARPのせい? まさか。

どちらかというと、私は「ごもっとも・・・」が一番ごもっともだと思いますがね。

あ、しつこいようだけど、何を信じようと自由ですけど。

| | TrackBack (0)