2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ドジは続くよ・・・ | トップページ | セントへの2通の手紙 »

2008.07.07

セント天使、虹の橋へ

本日、7月7日午前10時半、セントは虹の橋に旅立ちました。

昨日、午後、呼吸が辛そうだったので日曜日も診療している田無のAWCで喉の水抜きをやってもらいました。

溜まっていた水の量は10ccと少なく、呼吸が辛いのは喉の水のせいではなく、クッシングの症状のせいのよう。

昨夜と今朝は大好きなバナナにもリンゴにもそっぽを向いて食べようとしない。

今朝、9時過ぎ、大学病院に電話を入れ、予約外診療を依頼。
この時はまだ動けており、午後に連れて行くことで電話を切りました。

その後、脱水症状を危惧してシリンジで水を飲まると、大きな目で私を見つめて水を飲んでくれました。

その時は、それほど重篤だとは思いもせず、仕事部屋に行きパソコンの前に・・・
ふと気がついたらセントがリビングから仕事部屋に来ており、長座布団の上に寝ていました。

しかし、声をかけても、頭を撫ぜても、動かず・・・

体は温かいので、そのままバスタオルに包んで獣医大病院へ。

気道確保のための気管切開、電気ショック、数十分に渡る心臓マッサージ・・・

あらゆる手を尽くしてもらい・・・

今、セントは私の横で、静かに眠っています。
声をかければ、すぐにでも起きてきそうに・・・

病院の行き帰りの車の中で「セント、一人でお空に行っちゃダメだよ! 早く戻っておいで!」と叫び続け、病院でも泣きっ放し・・・

それでも、まだ涙がどんどんあふれてきてしまう。

ラブが時々不思議そうに動かないセントを見ている・・・

セントは、これまで奇跡的な回復力を見せたりと、お医者様も驚くほど、すごく頑張りました。


今日はただただ、セントのそばについててやろうと思っています。

ご心配をいただいた皆様、ありがとうございました。

« ドジは続くよ・・・ | トップページ | セントへの2通の手紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Kentさん

お久しぶりです。
お元気でご活躍のようで、よかった。

はぐれクリスチャンも、今回はあまりにも悲しくて、
祈りではどうしようもなく・・・
でも、今は毎日、ラブと共にセントをよろしくと祈り
続けています。

そうそう、横須賀の別荘の餃子パーティーにお邪魔しました。
忘れもしない・・・あの時、お布団の上のおしっこ、
てっきり、他のお子さんだと思っていたら、
なんと犯人はセント
大変ご迷惑おかけしました

あの時に、セントは初めてのお布団にマーキングを
するということに気がつき、以来、お泊まりには
防水シートを持参するようになりました

あのときのセント、覚えていただいててありがとうございます

セントさん大変だったのですね。でもきっと素敵な思い出がたくさんの地上での生活だったことでしょう。
ラブママさんの日記を読んでそう思います。
たしか横須賀の家にもいらっしゃいましたよね?
あれもちょうど今ぐらい…海の日だったかなぁ。
とっても可愛かったです。
ラブママさまも大変だったからお疲れと思いますが
お体ご大切になさってください。

たまりさんへ

今まで生きてきて、こんなに悲しいことは初めてです。
セントの体に異変を見て以来、1年半余、何もかもが
セントの治療を中心に回っていましたから、突然、
セントがいなくなって、大きな穴が・・・

この上、ラブまで失ったらと思うと空恐ろしい。
なので、ラブのためにも元気を出します。

たまりさんのおっしゃるように、セントは私のそばに
いるような気がします。

もしかしたら、ラブの中にセントが合体しているかも・・・
セントがいなくなって、ラブがちょっとだけセントと
似た行動をとるようになりました。
不思議です。

これまで、セントにいろいろとご心配をいただき、
また、励ましの優しいお言葉、
本当にありがとうございました。

・・・何と、コトバをかけたらいいものか、見つかりません。
セントちゃんは、長い戦いを続けているものと思ってました。
ママも、ラブちゃんも、大切な家族を失っちゃったんですね。
覚悟していたことだとは思いますが、ペットロスも心配です。

・・・寂しくなるけど。悔いもあるだろうけど。仕方がない。
生まれてきたときから、こうなるのは決まっていたことです。
ママが好きだったから、いままで、よく頑張ってたんですよ。

カタチは見えないけど、セントちゃんはママのそばにいます。
眼が《もう見えない》と。別れを惜しむのは仕方がないです。
耳が《もう聞こえない》と。悲しんでしまうのも仕方がない。
でも、セントちゃんはいるんです。カタチがなくなっただけ。
小さな身体に入っていたものが、大きな宇宙に広がっただけ。
・・・精一杯に生きてた、セントちゃんに。・・・ありがとう。

ronさん、ご心配いただき、ありがとうございます。

8日午後、セントの大好きだった小金井公園の中で
火葬してもらい、小さな骨壷に入って帰ってきました。

この2日間号泣しっ放しで1日で体重2キロ減っていました
ラブのためにも体力つけて頑張ります。

今週までは水・木と2つの映画学校の講義が続けてあり、
落ち着いてネットの書き込みができませんが、また改めて報告しますので。

早かったですね
題名を見てまさかとは思いましたが。。。
でも、よく頑張りましたね。。セント。
そばにいてあげてください。
ラブのためにも頑張ってね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セント天使、虹の橋へ:

« ドジは続くよ・・・ | トップページ | セントへの2通の手紙 »